【動画】絶望的恐怖の人気ホラゲー最新作『Outlast Trials』予告映像。舞台はまたも施設内

また緑だよ…

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2020年06月14日, 午後 04:01 in video games
0シェア
FacebookTwitter
Red Barrels

丸腰で異形の者たちに追われる恐怖感が売りのホラーゲーム『Outlast』シリーズの最新作『Outlast Trials』予告映像が、PC Gaming show 2020で発表されました。

今回の設定は冷戦時代のマインドコントロール研究施設内で、暗視スコープのような者を顔にネジ止め(?)された主人公ら4人が、互いに協力して脱出をはかるといった内容とされ、マルチプレイ要素を含むかのようなシーンも予告には描かれています。

シリーズ共通の"追われる恐怖"は今回も健在で、赤外線ハンディカメラが暗視ゴーグルに変わっているものの、赤外線の薄緑が買ったモノクロ映像のなか、狭い通路をひたすら逃げ惑う様子は第1作目にあったような切迫感を増幅してくれそうです。

冷戦時代という設定から、時系列的に見ても『Outlast Trials』が全2作とストーリー的に関連しているのかはわかりませんが、少なくとも施設からの脱出という設定と映像の雰囲気的には第1作目に近そうなのは怖い物好きな人たちには嬉しいところかもしれません。

前作『Outlast 2』は映像的にはより精緻になったにもかかわらず、舞台が精神病院という閉塞空間からカルト教団の住む山間の集落に変わったことでやや全体のパンチ力は低下したように感じられました、一方『Trials』では仲間がいて、状況的に助け合う場面もありそうだとかんがえると、1作目の孤立無援な絶望感はなさそう。そのなかでいかに恐怖を演出しているかが気になるところです。

開発元のRed Barrels共同創設者David Chateauneuf氏は「このゲームの最初の予告映像を、我々の素晴らしいコミュニティとファンに明らかにできることを嬉しく思います」「我々のチームは、何百万人ものプレイヤーたちに、シングルでも、協力プレイしても変わらず新たな恐怖と不安を体験していただけるようう、懸命に取り組んでいます」とコメントしています。

『Outlast Trials』はPC向けが発表されており、2021年にリリースされる予定です。

source:PC Gaming Show 2020(YouTube)
via:PC Gamer

 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: video games, Outlast, Gaming, horror, The Outlast Trials, red barrels, games, news, gaming, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents