Blizzard Entertainment
Blizzard Entertainment

Blizzard Entertainmentが、ゲーム『Overwatch』のプレイアブルキャラのひとり”マクリー”の名前を地殻変更すると発表しました。このキャラ名はActivision Blizzardに対するセクハラおよび性差別訴訟に関連して解雇されたゲームデザイナーJesse McCree氏からとって付けられた名前でした。

Overwatch開発チームは8月26日「現在”マクリー”として知られているヒーローの名を『Overwatch』の象徴としてより適切なものに変更することが必要だと考えている」と述べ「これほどに人気あり、ゲームにおいて重要なポジションにあるヒーローの名前を変えることは、それを正しく広めるのに時間がかかることを理解している」として、状況の進展があれば都度報告することを約束しました。

Blizzardはマクリーが重要な役割を果たす新しいストーリーを9月に開始することを計画していましたが、名称変更を加えるために年末までこれを延期、代わりに、新しいFFAマップを用意することにしました。

このようなゲーム内キャラの名称変更はすでに訴訟で名指しでセクハラ行為をしていたことが非難されているAlex Afrasiabi氏から名付けられたキャラが登場する『World of Warcraft』でも、名称変更が行われています。ただOverwatchにおけるマクリーは特に人気のキャラクターでもあり、ゲームのストーリー設定上でも名称変更の影響は大きくなります。

ちなみに、Jesse McCree氏はカリフォルニア州当局が訴訟を起こしてから数週後の8月上旬に会社を去っています。McCree氏はこの訴訟のきっかけでもある悪名高い「コスビー・スイート」の写真にも登場していたとされます。

Source:Overwatch(Twitter)