中国ファーウェイは次期折りたたみスマートフォン「P50 Pocket」を12月23日に発表すると予告しています。またファッション紙のHarper's Bazaar Chinaが運営するWeiboアカウントには、その本体画像が投稿されています。

ファーウェイの折りたたみスマートフォンとしては2021年2月の「Mate X2」などがありますが、「P50シリーズ」は同社の次期フラッグシップスマートフォンという位置づけが予想されています。

詳細なサイズ情報は明かされていないものの、P50 Pocketは本体を縦に折りたたむことで、コンパクトサイズでの持ち運びが可能となるはずです。また、本体外側には円形のカメラ突起とサブディスプレイを搭載。このサブディスプレイでは、時刻や通知が表示できます。

筐体の外側には葉っぱや格子のようにもみえる、ファッション性を重視したデザインが採用されているのも特徴です。また本体側面には指紋認証センサーが搭載されることも伝えられています。

縦折りスマートフォンとしてはすでに韓国サムスンが「Galaxy Z Flipシリーズ」を投入しており、本体パネルの交換などファッション性を重視した商品展開が行われています。一方でファーウェイのスマートフォンといえばアメリカからの規制による機能制限がつづいており、P50 Pocketでもどれだけ米Googleのサービスが利用できるのかは気になるところです。

Source: Harper's Bazaar China (Weibo), Huawei