iOS 14で iPhoneもピクチャインピクチャ対応。動画見ながら別アプリ操作が可能に

周回が捗る

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年06月23日, 午前 08:15 in WWDC20
0シェア
FacebookTwitter
iOS 14
Apple

開発者イベント WWDC20 で、アップルが iOS 14 の新機能 Picture in Picture を公開しました。

すでに対応している iPad のように、iPhone でも動画を視聴したり FaceTime通話をしながら別のアプリを使う「ながら見」ができるようになります。

iPadでは動画再生中にポップアウトアイコンをタップするか、単にホームに戻ることで動画が枠なしの小さな窓に表示されるようになります。

PinPのウィンドウは指で弾いて簡単に移動したり、拡大縮小、一時停止再生、全画面化して元アプリに戻る等が可能。

iOS 14
iOS 14

iPhone の FaceTime ビデオでは、通話中に別アプリやホーム画面に移ると、音声だけで通話が続き画面は見えなくなっていました。

iOS 14では、ポップアウトした窓でビデオ通話しながら別アプリが使えます。

iOS 14 は7月からベータテスト開始、この秋に一般提供予定。Androidのように、動画配信を見ながらゲームの周回やSNSが一台でできるようになることを祈るばかりです。

5分でわかるWWDC20まとめ。ARM版Macが年内登場、iOS 14が今秋配信など盛りだくさん


【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: WWDC20, Apple, iOS, iOS 14, news, gear
0シェア
FacebookTwitter