Paidy

後払いサービス「Paidy(ペイディ)」が新機能「どこでもペイディ」の提供を始めました。米ペイパル・ホールディングスと連携し、世界2900万のPayPal加盟店でもPaidyが利用可能になりました。

Paidyのサービスは2014年10月末にスタートし、携帯電話番号とメールアドレスのみで利用開始できる手軽さを売りにし、2020年10月から1回の決済につき3000円以上の買い物で利用可能な「3回あと払い」を提供しています。

Paidyは日本国内の家電量販店のビックカメラやECサイトのAmazon.co.jpなどで利用できますが、新たにPayPal加盟店でも利用できるようになった格好です。ただし海外の実店舗では利用できません。

どこでもペイディの利用にはPaidyアプリ内でPayPalアカウントへのログインを済ませた後、PaidyとPayPalの連携手続きを行う必要があります。3回あと払いを含むペイディプラスは運転免許証かマイナンバーカードを使った本人確認が必須となります。

Paidy
▲通常のペイディとペイディプラスの違い

Source : Paidy