パナソニックは異常な温度上昇を知らせるコンセントを5月21日に発売しました。

同製品はコンセント本体に内蔵した温度センサーが異常な温度上昇を検知すると、音とランプで知らせた上で電気を自動遮断する仕組みです。

同社によると電気火災の発火源として最も多いのが「コンセントとプラグ」で、そのうち約8割は金属接続部の「異常過熱」と「トラッキング」によるものだそうです。

異常過熱は変形したプラグを使用したりプラグの差し込みが不十分な時に、プラグの栓刃とコンセントの刃受け間の接触抵抗が大きくなり、プラグの表面温度が急上昇する現象。トラッキングはプラグに埃と水が付着しプラグの栓刃間に微弱な電流が流れたときに、温度の変化を伴いながら表面が炭化する現象です。

panasonic electrical outlet

同製品には独自のアルゴリズムを採用したことで、こうした現象による電気火災を未然に防げるとしています。

また、エアコン向けとして15 A・20 A兼用の製品を取りそろえたほか、既設のコンセントからの取り替えも可能なため、埃が溜まりやすく長期間コンセントを差し続ける洗濯機や冷蔵庫、テレビのコンセントのリニューアルにも適しているといいます。

製品名は「感熱・トラッキングお知らせコンセント」。品番はWTL35113Wなど計6品番。希望小売価格(税込・工事費別)は1万780円~1万5730円です。

panasonic electrical outlet

panasonic electrical outlet
panasonic electrical outlet


Source:パナソニック