パナソニック、税抜2.5万円のフルHDペット見守りカメラ。倒れにくい構造を採用

暗い場所でも撮影できます

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年07月16日, 午後 12:30 in Camera
0シェア
FacebookTwitter
KX-HDN215

パナソニックは、200万画素のフルHD解像度でペットの様子を撮影できる「HDペットカメラ」(KX-HDN215)を8月20日に発売します。月産台数は2000台で、メーカー希望小売価格はオープンプライスですが、市場想定価格は2万5000円前後(税抜)です。

HDペットカメラは『ペットの様子を動画撮影し、外出先で見守りたい』というニーズに対応するため企画・開発した製品。具体的には、あらかじめHDペットカメラとスマホの連携設定をしておくことで、外出先でもスマホを使ってペットの様子を動画で確認することが可能です。

KX-HDN215
KX-HDN215

従来製品から継承した機能としては、ペットの動きに合わせた自動追尾機能や首振りが可能な構造など。本体前方に備えたカメラが上下左右に動くため、360度を見渡すことができます。加えて今回の製品では転倒防止構造を採用しており、ペットにいたずらされても倒れにくいとのこと。

また、トイレや水飲み場など登録した場所にペットが一定時間立ち寄った映像を確認できる「行動ログ」や、1日1本の動画を自動でランダムに選び、先頭の5秒間をつないで再生する「一週間ダイジェスト」機能を搭載しています。

KX-HDN215
「行動ログ」と「一週間ダイジェスト」機能のイメージ

この他にも、ナイトモードにより室内が暗くなると自動的に内蔵の赤外線LEDが点灯し、白黒映像でペットの様子を確認できます。通話機能も搭載しており、カメラ側にいるペットにスマホから声をかけることが可能です。

主な仕様は、画素数が200万画素(CMOS)、解像度はフルHD(1920x1080)、HD(1280x720)、VGA(640x480)の計3種類から選択可能。記録できる動画は最大約6万5000件(ただし全体ファイル容量がmicroSDカード容量を超えない場合)、焦点距離は固定(1.5m~)、可動範囲は水平約+153度(右側)~約-153度(左側)、垂直約+29度(上側)~約-29度(下側)まで。カメラの画角は水平約54度、垂直約31度です。

サイズは約98x133x98mm(幅x高さx奥行き)、重さは約450gです。

KX-HDN215


関連記事:


source:パナソニック


TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Camera, Panasonic, smarthome, smart home, household, news, gear
0シェア
FacebookTwitter