iPhone Tips

iPhoneカメラに搭載されている「パノラマ」モード。広大な範囲の風景を1枚の写真に収められる撮影機能ですが、ポートレートや夜景モードと比べると、ふだんの出番は少ないかもしれません。

しかし、ダイナミックな写真は唯一無二の魅力。今回は、パノラマ撮影で覚えておきたいテクニックを紹介します。

動かす方向を変えられる

「パノラマ」モードにすると、画面中央に矢印が表示され、右向きにiPhoneを動かして撮影するように指示されます。ただし、風景や状況次第では、反対の左向きに動かして撮りたいときもあります。利き手や姿勢によって動かしにくいこともあるかもしれません。

そんなときは、中央の帯の部分をタップ。すると矢印の向きが変わり、左向きに動かして撮れるようになります。

iPhone Tips
▲初期状態では右向き(左)。帯部分をタップすると、左向きに変わる(右) 

ちなみに、iPhone本体を横向きにすると、縦に長いパノラマ写真を撮れます。このときは、上方向(もしくはタップして下方向に切り替える)に本体を動かして撮影します。

iPhone Tips
▲縦長のパノラマ写真を撮影可能。タップすると、下方向に変わる

逆方向に動かして撮影終了

パノラマ写真は、できるだけゆっくりiPhoneを動かすのがコツ。シャッターボタンを押すと撮影終了できますが、ボタンを押そうとした瞬間にiPhoneが動いてしまい、写真がブレてしまった経験はないでしょうか。

そんなときは、撮影を終えたいところで逆方向に動かしましょう。シャッターボタンを押すよりもブレるリスクを抑えられるのでおすすめです。

iPhone Tips
▲ちょうどいいところまで撮ったら、逆方向に動かそう