PASMOが待望のApple Pay対応!カードの移行から新規発行方法までを解説します:iPhone Tips

SUICAとも共存できます

嘉陽桃(TEKIKAKU)
嘉陽桃(TEKIKAKU)
2020年10月14日, 午前 07:10 in iphone
0シェア
FacebookTwitter
iPhone

iPhoneやApple WatchでPASMOが利用できるようになりました。手持ちのPASMOカードをiPhoneに移行したり、新しくPASMOを発行したりするのも簡単です。

また、Apple PayのPASMOで定期券の購入や更新もできるので、窓口に並ぶ必要もありません。今回は、「Wallet」アプリでPASMOカードをiPhoneに移行、新規のPASMOを発行する方法をご紹介します。

(Apple PayのPASMOは、iOS14.0がインストールされたiPhone 8以降、またはwatchOS7.0がインストールされたApple Watch Series 3以降で利用できます。Face ID、Touch IDまたはパスコードを事前に設定しておくといいでしょう。また、同じPASMOをiPhoneとApple Watch両方で使用することはできません。)

関連記事:

Apple Payの「PASMO」ついに始動、iPhoneとApple Watchで利用可能

いま使っているPASMOカードをiPhoneに取り込む

手持ちにPASMOカードがあれば、iPhoneに取り込んで使うと便利です。小児用PASMOなど、一部移行できないものもあるのでご注意ください。

「Wallet」アプリを開き、「追加」か右上の「+」をタップします。そして、「続ける」を押し、「カードの種類」画面で「PASMO」を選択します。

iPhone
▲「Wallet」アプリを開く。「追加」か右上の「+」をタップし、「続ける」を押す(左)。「カードの種類」画面で「PASMO」を選択(右)

「金額を選択」画面で、「お手持ちの交通系ICカードを追加」をタップします。PASMO ID番号や生年月日を入力。「次へ」をタップして利用条件を読み、同意する場合は「同意する」をタップします。

iPhone の上部をカードの上に置きます。しばらく iPhone を動かさずにカードの上に置いたままにしておくと、残高の転送が完了します。

iPhone
▲「金額を選択」画面で、「お手持ちの交通系ICカードを追加」をタップ(左)。PASMO ID番号や生年月日を入力する(右)

iPhoneで新しくPASMOを発行

PASMOを持っていない場合は、新規で発行することができます。事前にクレジットカードなどを追加しておきましょう。

先ほどと同じように「Wallet」アプリを開き、右上の「+」をタップします。そして、「続ける」を押し、「カードの種類」画面で「PASMO」を選択します。

iPhone
▲「Wallet」アプリを開く。「追加」か右上の「+」をタップし、「続ける」を押す(左)。「カードの種類」画面で「PASMO」を選択(右)

「金額を選択」画面で、入金したい金額を選択、または入力します。利用規約に同意すると、支払画面に移ります。サイドボタンで承認するかパスコードを入力すると、支払いが完了します。

iPhone
▲「金額を選択」画面で、入金したい金額を選択、または入力(左)。サイドボタンで承認するかパスコードを入力する(右)

Apple PayのPASMOで、素早くチャージして利用できるので便利です。また、iPhoneやApple WatchでSuicaを発行していても、PASMOの利用もできます。


【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: iphone, tips, iphone tips, pasmo, wallet, iphonetips, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents