Golden Bitcoins. New virtual money.
Getty Images

インターネット決済サービスの老舗企業であるPayPalが10月21日(現地時間)、ユーザーがPayPalアカウントから直接暗号通貨の購入、保持、販売ができる新サービスを発表しました。暗号通貨を資金として利用できるようにすることで、その有用性を大幅に高める計画だとしています。

数週間以内に米国のPayPalアカウントで利用可能になり、最初は Bitcoin、Ethereum、Bitcoin Cash、Litecoinの4銘柄が取り扱われます。

これにより、2600万を超えるPayPal加盟店での支払いに暗号通貨が利用可能になりますが、加盟店への支払いは暗号通貨のままではなく、PayPalレートで換金されてから、法定通貨で支払われるとのこと。このため、加盟店側での作業は不要です。

また、2020年12月31日までは、暗号通貨を売買する際の手数料も不要だとのこと。ただし来年以降に手数料がどうなるのかは、現状では不明です。

このサービスの一環としてPayPalは、暗号通貨エコシステム、暗号通貨への投資に関連するリスクやブロックチェーン技術を理解するのに役立つ教育コンテンツを提供するとのこと。

米国以外での展開に関しては、2021年前半にPayPal傘下のモバイル決済サービスVenmoに機能を拡張し、他国での提供を開始する予定とアナウンスしています。

最終的には法定通貨での支払いとなるので、価値変動が大きい暗号通貨での支払いは、まだリスクが高い印象もあります。それでも、投機目的ではなく実際に利用可能なシーンが増えることで、暗号通貨の認知拡大、換金せずに暗号化通貨だけでの取引拡大に繋がっていく可能性はありそうです。

source: PayPal