BARGTEHEIDE, GERMANY - MAY 04: (BILD ZEITUNG OUT) In this photo illustration, a PayPal App in the IOS App Store on May 04, 2021 in Bargteheide, Germany. (Photo by Katja Knupper/Die Fotowerft/DeFodi Images via Getty Images)
DeFodi Images via Getty Images

決済サービス大手の米PayPalが、米国で株取引プラットフォームへの参入を模索していると報じられています。

米ビジネスニュースメディアCNBCが、複数の情報筋からの話として伝えているところによると、2020年末に暗号通貨の取引機能を展開してから、株取引プラットフォームへの参入を模索していたとのこと。その一環として、証券業界のベテランであるRich Hagen氏を採用しました。Hagen氏のLinkedInによると、PayPalの投資部門CEOに就任しています。またその自己紹介には「費者向け投資ビジネスの機会を模索するPayPal社の取り組みを主導する」と記載されています。

また、PayPalのDan Schulman CEOも、2月に投資家に向けた文章の中で、サービス拡大のためにさまざまな金融機関と提携する可能性を示唆。そのパートナーシップにより、高利回りの貯蓄口座、直接預金と小切手換金、投資機能などが実現できるかもしれないとしていました。PayPalは、ショッピングやデジタルウォレット、投資機能などを含めたスーパーアプリ化を念頭に置いているようです。

なお、株取引への参入を決定した場合でも、実際にサービスを開始するまでには金融規制当局(FINRA)の承認が必要となることから、2021年内にサービスが開始される可能性は低いと考えられます。

Source: CNBC