engadget
Engadget Japan

Yahoo! Japanなどを傘下に抱えるZホールディングス(以下:ZHD)は、傘下またはZHDが出資する金融サービス6社の社名およびサービス名を「PayPay」ブランドに統一します。時期は2020年秋以降を予定します。

今回のブランド変更で、「ヤフーカード」が「PayPayカード」に、「ジャパンネット銀行」が「PayPay銀行」となるなど、PayPayを冠する金融サービスが一挙に増加します。

背景には、ZHD傘下のヤフーが出資するスマホ決済サービス「PayPay」を、ZHDやソフトバンクグループの成長エンジンにしたい思惑があります。

今年6月に累計ユーザー数が3000万人を突破した「PayPay」は、単なるスマホ決済アプリではなく、かつてのポータルサイトのように多数のサービスが集約した「スーパーアプリ」化を目指しています。

今回のブランド変更で「PayPay」アプリから金融サービスへの送客を図るほか、「PayPay」のサービス拡充にも繋がるため、両サービスのさらなる成長が期待できます。

なお、名称変更を予定する今年秋には、「PayPayカード」のキャンペーンをはじめ、ブランド統一にあわせて各種キャンペーンを順次実施するとしています。