PayPay、マイナポイント還元上乗せせず 代わりに抽選実施

au PAYやSuicaに見劣り

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年07月1日, 午後 04:26 in payment
0シェア
FacebookTwitter

PayPayは、7月1日より申し込み受付を開始した「マイナポイント」について、一部のスマホ決済事業者が実施してる還元額の独自の上乗せを行わないと明かしました。

「マイナポイント」は、キャッシュレス決済手段とマイナンバーを紐付けることで、残高チャージ額の25%(上限5000円)を、連携した決済手段のポイントなどで還元する国のキャンペーンです。還元は9月1日から来年3月末までの7か月間です。

なお、「マイナポイント」と紐付けられるキャッシュレス決済手段は1つだけ。つまり、紐付ける決済手段をどれか1つ選ぶ必要があります。このため、一部の決済事業者は国による5000円還元とは別に、独自の還元を行い、利用者の取り込みを図っています。

特にイオン系列の「WAON」は、マイナポイントの紐付け先として「WAON」を選択した場合に、独自に2000円を上乗せし計7000円を還元します。JR東日本の「Suica」やKDDIの「au PAY」は、1000円上乗せし6000円を、ドコモの「d払い」も500円を上乗せし計5500円を還元します。一方のPayPayは上乗せがないため、マイナンバーの紐付け先としては還元額が劣ることになります。

なお、PayPayでは上乗せしない代わりに、8月31日までにPayPayとマイナポイントを紐付けたユーザーを対象に、1等100万円が当たる抽選を実施予定。また、地方自治体とコラボした還元キャンペーンを実施するなどして、PayPayとマイナポイントの連携を呼び込む構えです。

還元額の上乗せはないが、期間中抽選で10名に100万円が当たるキャンペーンを展開
Engadget Japan

関連
5分でわかるマイナポイント

 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: payment, paypay, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents