PayPay

決済サービスのPayPayは、2021年8月11日以降にiOS向けアプリのバージョン2.48.0が使えなくなるとして、App Store より最新版に更新するよう呼びかけています。バージョンはアプリ右下「アカウント」内の最下部で確認できます。

PayPayは、ソフトバンクとヤフーが共同出資し、2018年6月に設立した企業。PayPayユーザーは、スマホで店頭のQRコードを読みとったり、スマホ画面に表示したQRコードやバーコードを専用端末にかざすだけで、財布を持たずに支払いができます。

サービス開始以降、飲食店に対しテークアウトの利用を促す「PayPayピックアップ」や、他社サービスの予約や決済などをPayPayアプリで完結できる「ミニアプリ」などを提供しています。

また、8月17日以降、PayPay加盟店の一部で LINE Pay が使えるようになる予定。具体的な対象店舗数は非公開としていますが、全国328万か所のPayPay加盟店のうち、QRコードを読み取る(MPM)方式を採用する店舗が対象となります。

なお、MMD研究所が18~69歳の男女4万5000人を対象とし、2021年1月1~4日に実施した調査の結果によれば、PayPayが最も利用されている決済サービスとなっています。

PayPay
▲ QRコード決済サービスのユーザーに、最も利用するサービスを尋ねたところ、「PayPay」(43.1%)が最多で、「d払い」(18.2%)、「楽天ペイ」(15.4%)がそれに続く結果となった


Source:PayPay

Via:MMD研究所