PayPay経由で「ゆうちょ口座」から不正引き出し 8か月間で141万円の被害

全額補償

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年09月16日, 午前 10:18 in payments
0シェア
FacebookTwitter
Japan Post Bank Company

日本郵政傘下の「ゆうちょ銀行」口座の預貯金が、決済サービス「PayPay」を通じて不正に引き出された問題で、PayPayは、被害件数が2020年1月以降の8か月間で17件、被害総額がおよそ141万円にのぼったことを発表しました。

PayPayは、いずれの被害も全額補償制度にもとづき、補償申請があった被害者に対して、すでに補償に向けた対応を実施しています。

なお、PayPayでは9月に本人確認(eKYC)をゆうちょ銀行で全導入。以降は不正利用は発生していないとしています。

また、アカウント作成時にはSMS認証を、PayPay残高へのチャージ手段として設定する銀行口座の登録時には、銀行による本人確認に加え、PayPayでも本人確認を実施し、9月より対象を拡大しています。

本人確認は、書類や本人の顔写真などの情報をPayPayアプリ上で登録する「かんたん確認(eKYC)」で行います。


関連記事:


source:PayPay , ゆうちょ銀行


 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: payments, paypay, banking, cashless, Japan, banks, news, gear
0シェア
FacebookTwitter