engadget

PayPayが手がけるメルカリ対抗のフリマサービス「PayPayフリマ」は、持ち物の価値がわかる機能の提供をPayPay上のミニアプリで開始しました。

同種の「モノの資産価値を、フリマサービスの取引価格に照らし合わせて可視化する」サービスはメルカリも提供中。こうしたサービスには、手持ちアイテムの価値を可視化することで、出品を促す狙いがあります。

価値を確認できるのは「PayPayフリマ」アプリで持ち物を撮影するだけで相場価格が確認できる「持ち物チェッカー」機能を使い、「持ち物リスト」に追加されたアイテム。そして、過去にYahoo!ショッピングやPayPayモール、ZOZOTOWN(ID連携が必要)で購入したアイテムです。価値を確認できたアイテムは、PayPayフリマに即出品できます。

なお、同機能は現在PayPayアプリ内のミニアプリとして先行提供されていますが、今後「PayPayフリマ」の本アプリでも利用可能になる予定です。

Source:PayPay