Pepperがマスクの有無をチェック。着用を促す新機能を欧州で公開

人に注意されるより受け入れやすいかも

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年08月5日, 午後 05:50 in covid-19
0シェア
FacebookTwitter
Pepper
SoftBank Robotics Europe

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、フランスでは7月20日以降、11歳以上の人に公共の場でのマスク着用が義務づけられました。他の欧州諸国でも同様の対策がすでに導入されていたり検討されたりしていますが、実際にこれをチェックし、着用を促すのはなかなか難しい問題です。

そこで、SoftBank Robotics Europeは、Pepperが人の顔を認識、マスクを着用しているかどうかを検出できる新機能「AI Face Mask Detecton」を公開しました。

この機能、画像認識AIとニューラルネットワーク使用して、マスクの着用有無を検出します。最大5人までの顔をスキャンでき、さまざまなマスクの種類や肌の色などに対応しているとのこと。マスクを着用している人の画像は緑色の枠で、着用していなければ赤枠で囲み、マスクをしていないことを気づかせます。

Pepperが自ら動き回ってチェックするのではなく、案内目的などで導入されているPepperが、そのついでにチェックするという形です。

欧州ではマスクの着用に関して根強い反発もあり、面と向かって着用を促すとトラブルになる可能性もあります。Pepperにやんわりと促されたほうが、受け入れやすさはありそうです。

Pepperといえば、7月には野球の無観客試合でダンスも披露していました。ソーシャルディスタンスが求められるアフターコロナの生活では、Pepperのようなロボットの活躍の場が広がるのかもしれません。

source: SoftBank Robotics Europe(YouTube)

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: covid-19, coronavirus, face masks, masks, pepper, robot, robotics, softbank robotics, europe, ai, public health, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents