Engadget

ソフトバンクロボティクスは、福岡PayPayドームで開催される福岡ソフトバンクホークスの試合にて人型ロボット「Pepper(ペッパー)」による応援で盛り上げる取り組みを実施しています。3月2日~3月20日の11試合が対象です。

Engadget

Pepperが福岡ソフトバンクホークスのユニフォームとキャップを着用し、球団歌「いざゆけ若鷹軍団」の歌唱とダンスをはじめ、名曲に合わせたダンスパフォーマンスなどを披露します。福岡ソフトバンクホークスに得点が入った際などにはPepperが喜びを表現します。

Engadget

3月2日のオープン戦はPepper20体でしたが、応援メンバー募集したためか、3月17日の試合では73体にまで増員しました。本取り組みの最終日となる3月20日にはもっと増えているかもしれません。

▲ AKB48 の「ヘビーローテーション」を歌いながら踊るPepper軍団

▲試合前にはホークス公式ダンスチーム「ハニーズ」とのダンスを披露

ちなみに、2020年にも「ボストン・ダイナミクス」が開発した4脚ロボ「Spot」とコラボした応援を展開していました。今年の応援は「Pepper」のみのパフォーマンスですが、大量の「Pepper」による息の合ったダンスは圧巻。もし、次回もこのような取り組みが実施されるとしたら規模がどれほどアップデートされるのかにも注目したいところです。

関連記事:

ガンダム仕様のPepper君が接客するコラボカフェに行ってみた

ボストンダイナミクスの4脚ロボSpotとPepper、ソフトバンクホークス戦を応援

© SoftBank HAWKS | SoftBank Robotics

Source:ソフトバンクロボティクス