iPhone

撮った写真をさかのぼって見ていくのが面倒。そんなときには「写真」アプリで画像を縮小表示して、1画面でさっと目を通しましょう。「アルバム」や「ライブラリ」タブでピンチイン・アウトすると、画像の大きさを拡大・縮小できます。まとまった枚数を1画面で見たいときや画像を拡大して見たいときにすぐ表示できるので便利です。

また、「フィルタ」をタップすると、お気に入りした写真や編集済みの写真などの項目ごとに絞り込めて、探しやすくなりました。今回は、写真の大きさを拡大・縮小する方法や「フィルタ」機能の使い方などをご紹介します。

写真の大きさを変更する

「アルバム」や「ライブラリ」タブでピンチイン・アウトすると、すぐに画像の大きさを拡大・縮小できます。まとまった枚数を1画面で見たいときにピンチイン、写真を拡大して見たいときにピンチアウトしましょう。ここでは「アルバム」タブで写真を縮小表示します。

iPhone
▲「アルバム」タブをタップし、写真上でピンチインする(左)。すると画像が縮小表示されます(右)

右上のボタンを押し、「拡大」「縮小」を選択するやり方もあります。「ライブラリ」タブの「すべての写真」でもこの方法を使うことができます。

iPhone
▲「アルバム」タブの右上のボタンを押し、「拡大」を選択(左)。「最近の項目」の一番新しい画像が拡大表示されるように(右)

写真の表示方法を変更する

標準のサムネイル表示は、「スクエア写真グリッド」になっていますが、好みに合わせて縦長の「アスペクト比グリッド」に変えることができます。右上のボタンから切り替えが可能です。

iPhone
▲右上のボタンを押し、「アスペクト比グリッド」をタップ(左)。写真表示の仕方が変更されます(右)

「フィルタ」で項目を絞る

「アルバム」タブから項目を選択して絞り込むことで、目当ての写真を探しやすくなりました。右上のボタンを押し、「フィルタ」をタップします。「フィルタ」はファイル管理用のラベルのようなもので、「お気に入り」「編集済み」「写真」「ビデオ」といった項目を選択できます。すると、当てはまる写真のみが表示され、見つけやすくなります。

iPhone
▲右上のボタンを押し、「フィルタ」をタップ(左)。項目を選択して、絞り込めます(右)

「フィルタ」をかけると、当てはまる項目のみが瞬時に表示されるので、普段からお気に入りなどの項目に仕分けしておくと便利です。さらに使いやすくなった「写真」アプリの新機能を試してみてください。