iPhone

iPhoneで写真やビデオを撮りたいけど、容量がいっぱいで保存できない。そんなときには、写真アプリで作れる「共有アルバム」が使えます。

共有アルバムは家族や友だちと写真やビデオを共有できる機能ですが、自分一人でも共有アルバムを作成可能です。共有アルバムの写真やビデオは iCloud に保管され、iCloud ストレージの消費量には入らないので、ストレージの空き容量がないときに役立ちます。

今回は、写真アプリで共有アルバムを作る方法をご紹介します。

共有アルバムが有効になっているか確認する

まずは共有アルバムの設定が有効になっているかどうか確認しましょう。設定アプリを開いて、ユーザ名を選択。続いて「iCloud」をタップします。

iPhone
▲設定アプリを開いて、ユーザ名(左)、「iCloud」の順にタップ(右)

「iCloud」画面で「写真」を選択。そして、「共有アルバム」がオンになっているか確認します。

iPhone
▲「写真」の項目から(左)「共有アルバム」がオンになっているか確認しましょう(右)

共有アルバムを作成する

次に、共有アルバムを作成しましょう。共有アルバムに入れたい写真を選択して、左下の共有アイコンをタップ。続いて「共有アルバムに追加」を押します。

iPhone
▲共有アルバムに入れたい写真を選択し、左下の共有アイコンをタップ(左)。「共有アルバムに追加」を押す(右)

共有アルバムの名前を入力し、「次へ」をタップします。次の画面では、宛先には何も入力せず「作成」を押します。

iPhone
▲共有アルバムの名前を入力し、「次へ」をタップ(左)。宛先には何も入力せず「作成」します(右)

写真下に表示できるコメントを入力し、「投稿」をタップします。すると、「アルバム」タブに、作成した共有アルバムが表示されます。共有アルバムに投稿したら、ライブラリから写真を削除しても、アルバムにはその写真が残るようになっています。

iPhone
▲コメントを入力し、「投稿」をタップ(左)。「アルバム」タブに、作成した共有アルバムが表示されます(右)

共有アルバムは家族や友だちと共有する以外に、自分一人でも作成して使うことができます。ストレージの空き容量が少ない場合は、共有アルバムに写真を移してみるのもいいかもしれません。