iPhone Tips

iPhoneで撮った写真をパソコンに取り込んだら見られない! ファイルの種類を見ると謎の「HEICファイル」という文字が……。こんな経験をしたことある人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、写真をJPEGで保存する設定をご紹介します。

「互換性優先」を選択

HEICファイルとは、iOS端末独自の拡張子。iOS 11以降に実装され、JPEG/JPGよりも少容量で保存できるのが特徴です。しかし、非対応の機器では開けず、不便に感じることもあるでしょう。

iPhone Tips

さて、JPEG形式で保存する設定はとても簡単。「設定」を開き、「カメラ」を選択。次に「フォーマット」画面に進んだら、「互換性優先」を選択しましょう。これで撮った写真がJPEG形式で保存されるようになります。

iPhone Tips
▲「設定」で「カメラ」を選択し、「フォーマット」をタップ(左)。「互換性優先」を選びます(右)

ちなみに、iPhoneの「写真」アプリでは写真ごとのサイズやファイル形式などの情報を見ることができません。しかし、写真を「ファイル」アプリに保存すると、iPhone上で詳細情報を確認できるんです。少し手間がかかりますが、その手順も覚えておきましょう。

まず「写真」アプリで写真をタップして表示します。次に「共有」メニューに進み、「ファイル」に保存を選択。保存先を指定して保存しましょう。

iPhone Tips
▲写真を表示して「共有」アイコンをタップ(左)。メニューから「“ファイル”に保存」を選択(中)。保存先を指定して「保存」を押しましょう(右)

保存したら「ファイル」アプリを開きます。写真を長押しして「情報」をタップすると、ファイルの種類やサイズなどを確認できます。

iPhone Tips
▲「ファイル」を起動し写真を長押し(左)。項目のなかから「情報」をタップ(中)。するとファイルの種類やサイズが表示されます(右)

Gallery: iPhoneの写真がパソコンで開けない!を解消する方法とは?:iPhone Tips | of 5 Photos

  • <p></p>
  • <p></p>
  • <p></p>
  • <p></p>
  • <p></p>