pikminbloom-hanamori2

エクストリームなロングおつかいに励むピクミンたち

「ピクミン」でTwitter検索をかけると、なんかものすごいロングおつかいに励むピクミンの勇姿が投稿されています。目下私がズブズブにはまって遊んでいる位置情報ゲーム『Pikimin Bloom(以下、ピクミン ブルーム)』では、「おつかい」という遊びで、ピクミンを遠くの場所に派遣して、そこでフルーツや苗を持ち帰ってもらうことができます。

で、「日本から欧州」とか、むちゃくちゃ遠方に向かってテクテクおつかいしてるピクミンたちがいるのです。どうやってそんなおつかいに出せるの!?

実は、ピクミン ブルーム内の「ライフログ」という1日を振り返るアルバムのような機能で、位置情報の入った写真を追加するとその写真に紐づいたおつかいが発生します。ちなみに、このワザは1日に1回だけ使えます。

ということで、私がまず本稿で声を最大にして言いたいのは「一歩も歩かずアイテムがザクザク手に入る〜!」といったズボラ機能ではないですよ! という点です。1日に1回だけですし、遠方から戻ってくるまでに時間も要します。ピクミンたちとの生活を豊かに楽しくするためには、たっぷりのフルーツと、たくさんの苗が必要です。なによりピクミンと一緒にお花を咲かせながら街を歩くのは楽しい。鉄の掟である「いっぱい歩く」を続けましょう。ロングおつかいは、ちょっとしたオマケです。

『ピクミン ブルーム』最初の7日間レビュー、立ち止まらなくてもOKな位置ゲーは最高!

徒歩42日21時間のおつかいに「イエーイ!」と出発

はるか彼方へのおつかいを私もやってみることに。行き先は、コロナ禍に突入する少し前に行った思い出の地・タイを選びました。(このときノキアにソックリな重さ20gの豆粒携帯を買いました

pikminbloom-hanamori2
ライフログで「ログを追加」というところをタップすると、写真やメモを追加できます。帰国当日に撮ったタイのサムイ島の写真を追加することに。ああ〜、またいつか行けるかな〜

噂通りライフログにアップした写真に紐づいたおつかいが発生し、ピクミン2匹が黄色の苗を求めてタイに向かって歩きはじめました。42日21時間という長旅です。ギリ年内! そんな旅なのに、彼らは二つ返事で出発し、見送るピクミンたちもいつも通り「イエーイ!」と陽気に送り出すのです。肝が据わってる。私はめちゃくちゃ不安でしたけども。

pikminbloom_hanamori2
サムイ島のボープットビーチに向かって2匹の赤ピクミンが出発。数時間後には三浦半島を越えて海に突入。いつも通り陽気なカントリー調の音楽にあわせてホイホイ歩いてました。「おつかい」の様子を見ることができてよかったよ・・・

翌朝もライフログに写真を追加してみることに。次はチェコのプラハです。一人旅で行った憧れのプラハ。スリに警戒しつつカレル橋で撮影した渾身の一枚をライフログにインしました。

ちゃんとプラハのおつかいが発生しました。が、赤ピクミンが徒歩で向かうとおよそ190日かかるそうで、さすがに気の毒。私の心が持たない。苦肉の策として今回は速さ重視でおつかい隊を編成することに。

pikminbloom_hanamori2
爆速で移動する羽ピクミンで部隊を編成したおかげで、めっちゃ遠いプラハでも26日5時間で戻ってくるそうです。羽ピク隊は1万km先にあるプラハに向かって時速32kmほどで進んでいます。先ほど様子を確かめたところ、もう隠岐島を通過していました。

サムイ隊とプラハ隊の旅の様子を私は毎日見てしまうと思います。君らが長旅を終えて私のところに帰ってくるときは、こっちも歩きまくって仲間(ピクミン)を増やしまくってビッグコロニーを築いて出迎えるよ。気を付けてね! よい旅を! あと私もはやく気軽に旅行したい!

旅の模様や完走報告はこの記事を更新してお伝えするかもしれません(編集部)。

Pikmin Bloom(App Store)

Pikmin Bloom(Google Play)