Google Pixel 4a の動画分解レポをiFixitが公開 3aと似たフレーム構造

なぜ高コスパを実現できたのか

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2020年09月1日, 午前 09:56 in Google
0シェア
FacebookTwitter
Pixel 4a teardown

米グーグルの新型スマートフォン「Pixel 4a」の内部構造を、分解レポートでおなじみiFixitが動画で公開しています。

Pixel 4aはグーグルが今年8月に発表したスマートフォンで、プロセッサやカメラスペックを抑えたミッドレンジ向け端末です。同様のコンセプトの端末は、2019年に「Pixel 3a」が投入されています。

今回の分解レポートでは、Pixel 4aと3aとの共通点が判明しています。例えば本体内部にはどちらも「ミッドフレーム構造」が存在し、マザーボードやバッテリーを保護しています。

一方でマザーボードの取り付け法はPixel 4aと3aでは異なります。Pixel 3aではマザーボードが背面パーツに取り付けられているのに対し、Pixel 4aではマザーボードがミッドフレームに挟み込まれた状態で位置しており、背面ケースとはケーブルで接続されています。

このようなミッドフレームの採用は、削り出しのフレームやガラスなどの素材と比べて、製造コストが安く抑えられると想定できます。

今後、iFixitは詳細な分解レポートと、修理難易度のスコアの公開を予定しています。日本価格で4万2900円という高コスパな価格設定を実現できた理由は、内部設計の工夫にあるのかもしれません。

Source: iFixit (YouTube)

Via: 9to5Google


 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: Google, pixel, Android, smartphone, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents