Pixel 5

スマートフォンの背面で、イヤホンや他のスマートフォンをワイヤレス充電できるワイヤレスリバースチャージ機能は、SamsungのGalaxyシリーズやHUAWEI端末が採用しているほか、Pixel 5にも電池の共有(バッテリーシェア)として搭載されています。

これらの機能は便利な反面、背面に載せただけでは利用出来ず、あらかじめメニューから有効にするという一手間あるのが面倒なところ。しかし、Pixel 5ではUSB Type-Cで充電器に接続すると、自動的に電池の共有がONになります。

サポートページによると、充電中は常にONになっているわけではなく、短時間だけONになるとのこと。この間に他のデバイスの充電が行われなければ再びOFFとなります。また、充電している他のデバイスが満充電になった場合にもOFFになるとのことです。

電池の共有は、出先でワイヤレス充電対応のイヤホンを充電したい場合などに便利な機能です。出先で他のデバイスを充電したいのに充電器はPixel 5で利用中、といった場面でも役に立つかもしれません。ただ、その場合、Pixel 5自体の充電が遅くなるのは考慮しておく必要があります。

via: 9to5Google

source: Google