Pixel 5

Pixel 5はアルミニウムのユニボディにもかかわらず、ワイヤレス充電をサポートしています。これについては以前から、背面の一部がプラスチック素材になっていると伝えられていましたが、PBKReviewsがYouTubeで分解動画を公開し、その様子を明らかにしています。

バッテリーとリアカメラは、放熱のためにグラファイトシートで覆われており、バッテリーの下にも別のグラファイトシートがあります。このシートの下側は、金属筐体が大きく切り抜かれており、プラスチック素材に。ワイヤレス充電用のコイルとNFCもこのシートの裏にあります。

なお、iPhoneなど一部のスマートフォンでは、バッテリーを簡単に取り外せるようタブ式の粘着テープが採用されていますが、Pixel 5では使われていないとのこと。Pixel 4aでは採用されていたとのことで、Pixel 5で再び不採用になった理由が気になるところ。背面の切り抜きとの関連があるのかもしれません。

また、Pixel 5では一部の端末のディスプレイが、フレームから浮いているとの問題が報告されていますが、これについては粘着テープのほか5箇所の爪でしっかりと固定されているとのこと。PBKReviewsは、これで浮いてくるのは驚きだとしており、組み立て時にしっかり押さえていなかったのではないかと推測しています。

via: 9to5Google

source: PBKReviews