Googleの次期スマートフォン「Pixel 6シリーズ(仮称)」のプロセッサに、韓国サムスンの「Galaxy S21」と同等のGPUが搭載されるとの情報が、海外テックサイトの9to5Googleにより伝えられています。

今回の情報のソースは、Googleのバグ報告システムことIssueTrackerに、「P21」に「Mali-G78」というGPUが採用されると言及されていたことです。なおこのP21は、Pixel 6シリーズに相当することが指摘されています。

Mali-G78といえば、Galaxy S21に搭載されているプロセッサ「Exynos 2100」のGPUです。ただしPixel 6とExynos 2100のGPUが、クロックやコア数で全く同一なのかどうかは不明です。

Pixel 6シリーズではグーグルとサムスンが共同開発するプロセッサ「Whitechapel/GS101」の搭載が噂されており、これにはExynosと共通するGPUやモデムの搭載が以前より伝えられていました。今回のGPUに関する情報は、それを裏付けるものです。

また、Whitechapel/GS101の性能は米クアルコムの「Snapdragon 888」未満かつ「Snapdragon 865」以上だとも伝えられています。これらの情報を統合すると、Pixel 6シリーズのプロセッサはトップエンドではないものの、十分ハイエンド相当の性能を備えることになりそうです。

Source: IssueTracker

Via: 9to5Google