米Googleが今年秋に販売する次期スマートフォン「Pixel 6シリーズ」が33Wの高速充電に対応するとの情報が伝えられています。海外テックサイトの91Mobilesが報告しています。

Pixelスマートフォンの充電速度は、過激なまでの高速化を遂げる他社製Androidスマートフォンの充電機能と比較して「そこそこ」にとどまっていました。例えば昨年10月に発表された「Pixel 5」の急速充電速度は18Wで、本体にはUSB-C 18W電源アダプタが同梱されていました。

海外テックサイトの91MobilesがYogesh Brar(ヨゲッシュ・ブラ)なる人物から得た情報によると、Googleの本社では現在、大量の33W電源アダプタがテストされているとのこと。その真偽は不明ですが、Pixel 5の例を参考にすれば、33W電源アダプタに対応するPixel 6シリーズでは33Wの高速充電ができても不思議ではありません。

なおGoogleはThe Vergeに対して「Pixel 6シリーズでは電源アダプタは付属しない」と伝えています。とすると、Pixel 6シリーズで33Wの高速充電を利用するには別売のACアダプタを購入する必要があり、エコの観点からは若干疑問符がつく対応となりそうです。

また、これまで年内の投入が期待されていたGoogleの折りたたみスマートフォンこと「折りたたみPixel」ですが、Brar氏はその計画が遅れていることも伝えています。ただしPixel 6シリーズの正式発表イベントで、折りたたみPixelがプレビューされる可能性はまだ残っているとのこと。Pixelスマートフォンといえば独自のソフトウェア機能が魅力ですが、本当に折りたたみPixelが登場するのなら、どのような先進的な機能が盛り込まれるのかを楽しみにしたいものです。

Source: 91Mobiles