Pixel 6a camera SoC

米GoogleのスマートフォンPixelシリーズといえば、高級機である無印のあとに、ミドルレンジ価格帯となるaシリーズを追加する、という製品投入パターンが一般化しています。

現在はPixel 6と6Proが発売された状態ですが、ここで次期モデルと目されるのが「Pixel 6a」(仮称)。以前より準備がされている、とのウワサはありましたが、ここへ来てカメラやプロセッサに関する詳細情報が出てきました。


これを伝えているのは、GoogleやAndroid関連の情報では定評あるニュースサイト、9to5Google。

これまでのPixel aシリーズでは、無印に比べて手頃な価格をはじめ、プロセッサやカメラ性能、あるいは本体素材といった点で差別化が行われてきたものの、Googleが提供する先進のソフトウェア機能や、最速でのOSアップデートといった点はそのまま利用できました。

今回のリーク情報は、Android標準カメラアプリのAPK(アプリケーションパッケージ)の内部コードから得られたものです。それによれば、Pixel 6aのプロセッサ(SoC)には、Pixel 6と同じく自社設計の「Tensor」(開発コード:GS101)が搭載されるとのこと。

現状では、具体的な性能に影響する動作クロックやCPU/GPUコア数などといった詳細は判明していませんが、SoC自体が引き継がれることから、Pixel 6aの性能はハイエンドモデルのPixel 6に近いものとなるかもしれません。


一方で差別化ポイントとなりそうなのが、メインカメラのセンサーです。判明した情報からは、1220万画素のソニー製「IMX363」を搭載すると目されています。

これは「Pixel 3a」から「Pixel 5a」までのリアカメラセンサーと同じもので、かつPixel 6に搭載された5000万画素のサムスン製「GN1」よりも小さな面積のセンサーとなります。このことから、背面カメラでの写真撮影ではその品質に差を感じるケースもありそうです。

その他のカメラセンサーとしては、背面の超広角カメラが1200万画素のソニー製「IMX386」、前面カメラが800万画素のソニー製「IMX355」になると伝えています。これらのイメージセンサーは、Pixel 6のものと変わりません。

Pixel 6aはその予測レンダリング画像も登場しており、Pixel 6と同一かつイヤホンジャックのない本体デザインの採用が予測されています。

こうした点から、カメラ品質などでの差別化はあるものの、Pixel 6aはTensorによる優れた画像処理や自然言語処理機能を活用できる、魅力的な端末となりそう。実施の登場が楽しみなスマートフォンの一つとなりそうです。


Source: 9to5Google