GoogleのPixel 6シリーズ(特に無印)は画面に保護フィルムやガラスプロテクターを貼ると、画面内センサーによる指紋認証がうまくいかない、認証に時間がかかるといった問題が指摘されています。これはセキュリティーを強化したためとGoogleは説明していますが、ほかのAndroidスマホのように顔認証などのオプションが用意されていないため、不便に感じているユーザーは多いと思います。

▲何度指紋を登録し直しても、しばらく経つと認識されなくなったり…… ※GIFアニメーションですが、動いて見えない場合は標準ブラウザでご覧ください
▲認証に時間がかかることも(数秒でも頻繁に使うスマホではストレスに感じる)※GIFアニメーションですが、動いて見えない場合は標準ブラウザでご覧ください

関連記事:

Pixel 6の指紋認証が遅いのはセキュリティのためとコメント

Googleも問題を認識しており、海外では指紋認証が正しく機能するサードパーティ製保護フィルム・ガラスのリストを公開しました。OtterBox、Panzerglass、Zaggといったブランド名が挙がっていますが、いずれも日本では入手性が低く、ほかの製品も「指紋認証対応」とパッケージにあっても実際は指紋認証に問題があるフィルム・ガラスばかりで、ユーザーの間には諦めムードが漂っていました。

そんな中、京都の老舗フィルムメーカー、ミヤビックスがリリースしたOverLay Plus 指紋認証対応 極薄保護シート(998円)は、実際に私も試しましたが、Pixel 6で問題なく画面内指紋認証が機能する保護フィルムです。

Pixel 6

ミヤビックスGoogle Pixel 6 用OverLay Plus(Amazon.co.jp)

同社はPixel 6が発売されてからこの数週間、何百種類とあるフィルム素材のストックを社員総出で夜も寝ずに片っ端から試し、最も問題のない素材を突き止めたと言います。

▲型抜きにこだわりある同社らしくカメラレンズのパンチホールは必要最低限、表示部は完全に覆いエッジがラウンドする極限まで攻めている

画面内指紋認証がスムーズに!

▲一瞬で解除されるように。指紋は貼った後に再登録したほうがより確実 ※GIFアニメーションですが、動いて見えない場合は標準ブラウザでご覧ください

製品名に「極薄」とありますが、ラウンドに丸みを帯びた端末向けにリリースされているフィルムほど薄くはないので、特別貼りにくいことはありません。貼り直しもできるので、フィルム貼りが苦手な人も心配ないでしょう。

なお、本製品はアンチグレア(非光沢)のPlusのみで、光沢タイプのBrilliantはありません。その理由を保護フィルムを作り続けて22年の専門家、同社M谷社長に伺ってみました。

── センサーとの相性となると、素人考えでは光沢のほうがいいような気がしてしまうのですが、なぜ非光沢なのでしょうか?

M谷 え、わかりません。

── ……(以上、インタビュー終わり)。

まぁホンモノの専門家に伺えば理由は判明しそうですが、ミヤビックスは「論より証拠」が社訓なのでしょう。実際に試し、満足のいく結果が得られたのが非光沢タイプの極薄型だったということで、普段光沢派の方(私がそう)も、今回は非光沢のこちらのフィルムを是非お試しください。快適です。

ミヤビックスGoogle Pixel 6 用OverLay Plus(Amazon.co.jp)
▲非光沢フィルムは明るい色にザラつきが目立つが指脂が付きにくいといった特徴がある