米グーグルが次期スマートフォン「Pixel 6(仮称)」に向けて独自プロセッサを開発しているとの情報が、海外にて伝えられています。

海外テックサイトの9to5Googleが閲覧したドキュメントによると、今秋リリースされるPixel 6には「Whitechapel(あるいはGS101)」とされる独自開発のチップが搭載されます。またGS101のGSは「Google Silicon(グーグル・シリコン)」の略称のようです。

またドキュメントではWhitechapelに関連して、「Slider」というコードネームも見つかっています。これはどうやらWhitechapelのための共有プラットフォームであり、また韓国サムスンのモバイル向けプロセッサ「Exynos」への言及も見つかっています。このことから、WhitechapelはサムスンのSLSI(システムLSI)部門と共同開発されていることが想定されるのです。

その他にも、Sliderのプラットフォームでは「Raven」「Oriole」というコードネームのデバイスが見つかっています。これらは、昨年秋に登場する2モデルのPixel 6に相当するようです。

グーグルのSundar Pichai(スンダー・ピチャイ)CEOは昨年秋に、「ハードウェアへの大きな投資」を行っており「2021年には素晴らしいロードマップが待っている」と発言していました。これは、Whitechapelの開発を念頭に置いていた可能性があります。

また米アップルは独自開発プロセッサ「Aシリーズ」をiPhoneやiPadに投入し、高いパフォーマンスと独自機能を実現しています。このような背景もあり、グーグルがプロセッサの性能と機能を自社でコントロールするために独自プロセッサの開発に乗り出したとしても、何ら不思議ではないといえそうです。

 

Source: 9to5Google