米Googleは新型スマートフォン「Pixel 6シリーズ」の発表にあわせ、新型のワイヤレス充電スタンド「Pixel Stand(第2世代)」を投入しました。

Pixel Stand(第2世代)の国内価格は9570円(税込)。商品ページは存在するものの、記事執筆時点(10月20日)では予約などは始まっていません。

Googleが初代Pixel Standを発表したのは、Pixel 3/3XLと同タイミングの2018年。10Wの(当時としては)高速ワイヤレス充電に対応し、Pixelスマートフォンを立てかけると専用メニューが表示されました。

後継機種となる今回のPixel Stand(第2世代)では、ワイヤレス充電速度が最大23Wへと大幅に高速化。充電時のスタンドとスマートフォンの加熱を避けるために、内部に静音型ファンが追加されています。ワイヤレス充電できるのはPixelスマートフォン以外にも、ワイヤレスイヤホン「Pixel Buds」のケース、そして「Qi」対応デバイス。Qi利用時の最大ワイヤレス充電速度は15Wです。

Pixelスマートフォンをスタンドに立てかけると専用メニューが表示されるのは、前モデルと変わりませんが。さらにPixel Stand(第2世代)では、GoogleのスマートホームブランドことNestデバイスの操作が可能です。例えばカメラのチェックから室温や照明の調整などが、ベット脇から操作できます。

本体価格が1万円弱とワイヤレス充電スタンドとしては若干割高な、Pixel Stand(第2世代)。しかしNestを含めたGoogle製デバイスやサービスとの連携に魅力を感じれば、便利に使えそうです。

Source: Google Store

関連:

5分でわかるPixel 6シリーズ新機能まとめ。日本で1028日発売