Playdate

iOSやmacOSのアプリ開発で知られるPanicが、2019年に発表したクランク付きの携帯ゲーム機「Playdate」。その予約が7月29日にようやく始まります。価格は179ドルで、日本を含む16か国に発送可能です。

Playdateは、400×200のモノクロ液晶を備えたゲーム機で、トータル24本のゲームをプレイ可能。このゲームは購入すると同時に利用できるわけではなく、最初に2本、その後11週間かけ、毎週月曜日に2つのゲームがプレイ可能になっていきます。

特徴的な右側面にあるクランクは、飾りでも手回し充電に使うのでもなく、アナログコントローラー。すべてのゲームで使用するわけではないとのことですが、『塊魂』などのゲームデザイナー高橋慶太氏による「Crankin's Time Travel Adventure」などはこのクランクを利用します。

ゲーム機本体のほか、29ドルで専用カバーも発売。Playdateをペン立て兼用のBluetoothスピーカーにできる「Playdate Stereo Dock」も発表されていますが、これは少し遅れての発売となるようです。

Playdate
Panic

最初のロットは約2万台で2021年後半に出荷予定。残りは2022年に出荷されます。なお、予約時には全額の支払いが必要ですが、いつでもキャンセルして全額の払い戻しを受けられるとしています。

Source: Playdate