Assassin's Creed
Ubisoft

(更新:Ubisoftが記事を非公開にしました。詳細は末尾に。以下は初出時の内容です)

次世代ゲーム機プレイステーション5とXbox Series X|S の発売を間近に控えて、ユービーアイソフトが自社ゲームの対応状況について公表しました。世代を超えたセーブ引継ぎや、無料の次世代機版アップグレードについての説明が主な内容です。

しかし次世代機の後方互換機能、つまり現行のPS4 / Xbox One のゲームが遊べる機能については、PS5にのみ「一部の例外」があり、『アサシン クリード:シンジケート』など約9本のPS4タイトルがPS5では動かないことを明らかにしました。

ソニーはすでに、PS5は原則PS4互換であるとして、ごく一部の非互換タイトルを公表していましたが、今回Ubisoftが非対応としたソフトは含まれていません。

つまりソニー側の説明より後になって、開発元から矛盾する内容の発表があり、人気シリーズ本編を含む9本の非互換ソフトが追加されたことになります。

News - Ubisoft Connect

PS5の後方互換に非対応のUbisoft製 PS4ソフト名は、

  • アサシン クリード:シンジケート

  • アサシン クリード クロニクルズ チャイナ

  • アサシン クリード クロニクルズ インディア

  • アサシン クリード クロニクルズ ロシア

  • アサシン クリード クロニクルズ トリロジーパック

  • Risk

  • スタートレック・ブリッジクルー

  • Werewolves Within

  • Space Junkies

アサシン クリードはシンジケートが本編(ユニティのあと、オリジンズの前)。

クロニクルズはスピンオフのサイドビューアクションで、舞台となる国のタイトルがついた3本をまとめたのがトリロジーパック。なのでリリースされたタイトル単位で言えば4本、ゲームの内容としては3本もしくはまとめて1本分。

Riskはボードゲームのリスク。スタートレックから3本はPS VRタイトル。

なお、Xbox Series X|S についてはすべてのUbisoft製 Xbox One ゲームに対応とのこと。

以前のソニーの発表では、ほぼすべてのPS4ゲームがPS5で動く、特例的に動かないゲームは北米で10本以下、日本で2本のみでした。(日本ではもとから販売していないゲームが含まれるため少ない)。

どういった理由での非互換追加なのか、たとえばソニー側のテストとしては動くレベルだったのがUbisoft基準では通らなかったのか、あるいは動作に問題がないものをUbisoft側の理由で非対応としているのかなどは明らかにされていません。

どのような理由にしても、今後別のパブリッシャーのゲームでも実は非互換でした / 非互換にしますというタイトルが潜んでいないか、増えないかにわかに心配になる話です。

更新: Ubisoft が記事を取り下げました。ステートメントは「後方互換についての Ubisoft Connect記事およびフォーラム投稿を現時点では取り下げました。PS5でプレイ可能になるUbisoftタイトルについて不正確な情報を含む可能性があるためです」。