PS5 Returnal

プレイステーション5独占のローグライクシューター『Returnal』(リターナル)が久々の機能追加アップデート patch 2.0を配信しました。追加されるのは、リリース当初から待望されていた途中セーブ(サスペンド)とフォトモード。

途中セーブがあれば長いセッションの途中でもデータロスに怯えず休憩できるようになり、なぜか欠けていたフォトモードでは不気味な惑星アトロポスの絶景やボスの弾幕をフィルタやカメラ設定つきで残せるようになります。

PS5 Returnal

Returnal (リターナル)は不気味な惑星アトロポスを舞台にしたSFホラー風味のローグライクTPS(三人称視点シューティング)。開発元 Housemarque が得意とするアーケードライクで緊張感のあるシューティングアクションと、死ぬたびに不時着の瞬間に戻されるループものの要素、ループするたび物語が進み行動範囲が広がる『Hades』的な要素が噛み合った意欲作です。

PS5 Returnal

死んでループするごとにマップやアイテムが変わり、目まぐるしく変わってゆく状況を楽しむローグライクゲームとして、小刻みにセーブしてやり直しを封じたデザインですが、従来はいわゆる中断セーブすらできず、休憩にはリターナルを起動したまま離れるかPS5をレストモードにする必要がありました。

ゲームを終了すればその回の進行が消えてしまうため、途中で別のゲームに誘われたら捨てて参加するか断るかで悩んだり、PS5をレストモード中に自動アップデート設定にしていた場合はいつの間にかゲームが終了していて泣くといった悲劇がおきます。

パッチ2.0ではいわゆるサスペンド / 中断セーブが可能になり、安心してゲームを終了できるようになりました。あくまで中断なので死んでセーブ地点からやり直しは不可。中断から再開すればもう戻れません。

PS5 Returnal

フォトモードもようやく追加。最近のAAA級3Dゲームにはないほうがむしろ珍しいようなものですが、これでやっとリターナルでもポーズからカメラワークを調整したり、被写界深度を変えたり、光源を動かしたり、フィルタ・エフェクトを適用して撮影できます。

PS5 Returnal

リターナル patch 2.0 はすでに配信中です。

PS5『Returnal』通常版(Amazon)

PS Storeチケット5000円オンラインコード(Amazon)

PS5『Returnal』レビュー。無限に遊べるローグxメトロイド風TPS、老舗の野心的快作