PlayStation Awards
Sony

プレイステーションの祭典、PlayStation Awards は26年目にして内容をリニューアルして、イチニッサンの12月3日に開催します。受賞タイトルへの表彰は19時からYouTubeで配信予定です。

例年はライセンシーや業界関係者を招いた授賞式をライブ配信していましたが、今年はご時世を反映して録画編集済みの動画になります。

1995年から続くPSアワードは、プレイステーション各機種で出たソフトウェアを売上や一般投票により表彰するイベント。プレーヤーにとっては人気ソフトを振り返る祭典でありつつ、プラットフォームの盟主ソニーによるパブリッシャー各社への論功行賞会でもあります。

今年は26年目にして、名称が「PlayStation Partner Awards 2020 Japan Asia」に変更。かつてはシンプルに国内100万本や50万本販売に対して与えられていた賞の基準や対象も、世界と日本のゲーム業界の変化、日本のプレイステーションの立場を反映して大きく変わりました。

新しい賞の内容は、

GRAND AWARD (3作品)

対象:日本・アジア地域で開発されたソフトウェアメーカー(サードパーティ)のタイトル

基準:2019年10月から2020年9月の 全世界売上上位3作品

PARTNER AWARD

対象:日本・アジア地域で開発されたソフトウェアメーカーのタイトル

基準:2019年10月から2020年9月の 全世界売上上位かつ、「特に注目すべき活動成果を残した」作品

SPECIAL AWARD (条件違いで2作品)

1.

対象:日本・アジア以外の地域で開発されたソフトウェアメーカーのタイトル

基準:2019年10月から2020年9月の 日本・アジア地域における売上最上位

2.

対象:日本・アジア地域でSIEワールドワイド・スタジオと共同開発されたタイトル

基準:2019年10月から2020年9月の 全世界売上最上位

(売上はパッケージ版・ダウンロード版・およびDLCやゲーム内通貨の売上も含む)

さよならPSアワード

かつてのプレイステーションアワードでは、対象はソニー自身も含む国内外すべてのパブリッシャー、基準は日本(およびアジア圏)での売上本数が100万本ならプチラナ、50万本ならゴールドとシンプルな賞が基本でした。

パートナーアワードに変わった今年からは、対象は日本・アジア圏内の「ソフトウェアメーカー各社様」。つまり欧州米国などで開発された作品は含まず、ソニー自身もスペシャルアワードの例外を除き含みません。

フォートナイトやマインクラフトなど、以前ならば「洋ゲー」と呼ばれていたであろうゲームが日本でもメインストリームになったいま、またソニー傘下のPlayStation Studiosがヒットを連発する状況で、そうしたタイトルは対象にならない「プレイステーションの祭典」はプレーヤー目線では戸惑いますが、名称に「パートナー」「JAPAN ASIA」が入った今回からは、要するにプラットフォームの盟主であるソニーが、参入して収益に貢献してくれる「パートナー」を労い表彰する企業間のイベント、そのなかでも日本とアジアのパブリッシャーを対象にする会を日本で開きます、という趣旨が明確になりました。

特に賞の基準や対象を気にしないプレーヤーにとっては、今年大人気だったあのソフトもあのソフトも入っていないのは何故だろう?と不思議に思うかもしれませんが、今年からは「日本とアジアのゲーム会社が世界で売れたタイトル」賞と思ってみれば納得できるはずです。

条件が特殊な「スペシャルアワード」には「海外(日本アジア以外)メーカー発の国内人気タイトル」も含まれるため、こちらならば体感的に人気だったゲーム総合に近い感覚かもしれません。

やや余談ながら、従来のプレイステーション アワードは音楽業界を参考に、売上本数を基準にプラチナやゴールドを設定していました。対象は日本、過去1年ではなく累計生産出荷または配信。

このおかげで、波が大きいゲームプラットフォームでは年によって「該当なし」になったり、該当作が多い年とめっきり冷え込む年があるなど、イベント司会がどう表現するのかある意味ハラハラ感を味わえましたが、パートナーアワードになってからは「上位3作品」や「最上位」。絶対値とは無関係に安定して受賞作が並ぶ安心の仕組みになりました。

基準もスペシャルアワードの一本を除き国内売上ではなく「全世界売上」になったため、世界で爆発的に売れたゲームなのに日本は……とせっかくの祭典でしょんみりすることがありません。

PlayStation Partner Awards 2020

過去のPSアワード受賞作はたとえばこちら。

PlayStation Awards | 2015年 受賞タイトル | プレイステーション

PlayStation Awards | 2010年 受賞タイトル | プレイステーション

PlayStation Awards | 2005年 受賞タイトル | プレイステーション

PlayStation Awards | 2000年 受賞タイトル | プレイステーション

PlayStation Awards | 1995年 受賞タイトル | プレイステーション

PlayStation Partner Awards 2020 | History

かつてのPSアワードはこんな感じでした。

速報:プレイステーション・アワード2015はプラチナ3本ゴールド5本の豊作!受賞者欠席目立つ