Engadget

プラススタイルはカーテンの自動開閉を可能にする「スマートカーテン」を9月8日から予約を受け付け、10月7日に発売します。

価格はスマートカーテンは1万3800円、カーテンユニットは1万800円です。+Style本店では、10月6日(水) 23時59分まで1000円OFFのキャンペーンを展開します。

Engadget

スマートカーテンは、カーテンレールにユニットを取り付けるだけでカーテンを自動開閉してくれるスマートデバイスです。レールに取り付けるだけでスマートカーテンになる製品はいくつかありますが、この製品ならではの特徴としては「オート開閉」があります。カーテンを動かしたい方向へ軽く引くだけで、スマートカーテンがカーテンを動かします。この機能は+Styleが独自に特許を取得した技術となっています。

Engadget

また、+Styleの製品なのでスマートカーテンを含めたスマートホームの環境を構築できるのが特徴です。「スマートマルチリモコン」や「スマートLEDシーリングライト」と連携することで、「目覚まし時間と同じ平日の朝7:00にカーテンを開き、間接照明をOFF、TVをONにする」といった設定ができたりします。

Engadget

アプリでの操作では、曜日・時刻を指定してカーテンを自動開閉できるスケジュール設定ができます。平日の目覚まし時間にあわせてカーテンを開く設定はもちろん、夕方~夜の時間帯は「日の入り時間」にあわせてカーテンが閉まるように設定できます。なお、タイマー設定は最長で23時間59分後までカーテンの自動開閉を指定可能です。

スマートカーテンは、「カーテンユニット」と「Wi-Fi接続ユニット」の各1台を同梱して、両ユニットがBluetoothで接続して外出先からのスマホ操作やスマートスピーカーによる音声操作に対応しています。

なお、カーテンユニットは1台ずつ追加購入できます。両開きカーテンにそれぞれ取り付けるのはもちろん、複数の窓のカーテンを同時に管理・操作できます。

Engadget
▲レール形状は「C型」「I型」「O型」に対応していて、3種のランナーが同梱されています

スマートカーテン 仕様

本体サイズ(幅×高さ×厚さ) カーテンユニット:約75×120×55mm(ランナーを除く)、Wi-Fi接続ユニット:約15×62×62mm

重さ カーテンユニット:約160g(ランナー、乾電池を除く)、Wi-Fi接続ユニット:約34g

対応カーテンレール C型/I型/O型

バッテリー 単三アルカリ乾電池×3(アプリで電池残量の通知機能あり)

連続稼働時間 最長8か月(1日あたり、開け閉め各1回の場合)

静音性 50dBA未満

耐荷重 最大8.8kg

Bluetooth 5.0 LowEnergy(最大通信距離:10m)

Wi-Fi IEEE 802.11 b/g/n(2.4GHz帯のみ)

動作環境温度 0~40度

動作環境湿度 10~90%

内容物 カーテンユニット×1、ランナー(C型/I型/O型)×各1、単三アルカリ乾電池(お試し用)×3、Wi-Fi接続ユニット(給電用microUSBケーブル、クイックガイド付属)×1、クイックガイド 兼 保証書×1

関連リンク:【+Style ORIGINAL】 スマートカーテン

source:プラススタイル