engadget

NTTドコモ・KDDI・ソフトバンクの3キャリア専用メッセージアプリとして展開していた「+メッセージ」が、携帯3社の全ブランドおよびMVNOで順次利用できるようになります。

「+メッセージ」は、2018年5月から提供を開始しているメッセージアプリです。SMSの拡張版という位置づけで、電話番号だけで、メッセージや写真・各種データファイルをLINE風のUIで送受信できます。

これまで、利用できるのは携帯3社のメインブランドのユーザーに限られていましたが、今回ドコモの「ahamo」、KDDIの「povo」「UQモバイル」、ソフトバンクの「LINEMO」「ワイモバイル」でも本日(9月2日)以降、遅くても2022年春までに利用できるようになります。

engadget

なお、MNOの楽天モバイルは現時点でも「+メッセージ」を利用できません。

Source:NTTドコモ・KDDI・ソフトバンク