日本政府は5月10日、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが共同で運営するメッセージサービス「+メッセージ」に「首相官邸」の公式アカウントを開設しました。内閣官房内閣広報室が運用し、防災関連情報や総理からのメッセージ、内閣が取り組む重要政策などについて配信するとしています。

+メッセージは携帯大手3社が2018年に開始したサービスで、電話番号で1通につき最大全角2730文字のメッセージや画像、スタンプなどを送受信できるのが特徴。2020年11月には利用者数が2000万人を突破しました。

やり取りができるのは国内の携帯大手3社の主力ブランド(NTTドコモ、au、ソフトバンク)およびオンライン専用プラン「ahamo」、「povo」の契約者間のみ。対応端末は Android 4.4 以降のスマートフォン/タブレットの一部と iOS 10.0 以降のiPhone/iPad。端末によっては購入後にユーザー自身でインストールをしなければならないケースもあります。

Source : 首相官邸

関連記事:LINE対抗のチャットアプリ「+メッセージ」、3キャリアが5月9日配信