CDと音楽ストリーミング再生機能搭載のスピーカー、プラススタイルが発売

BluetoothやUSB 2.0、インターネットラジオ、DLNAなどの再生も可能

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年05月15日, 午後 02:00 in speaker
0シェア
plus style ruarkaudio

ソフトバンク系のIoT企業であるプラススタイル(+Style)は、英国オーディオブランドruarkaudio(ルアークオーディオ)のスピーカー「R5」と「MRx」を発売しました。

価格は「R5」が27万3900円(税込、以下同)、「MRx」が8万2500円です。

ruarkaudio(ルアークオーディオ)は、30年以上にわたりハイエンドスピーカーを製作してきたメーカー。日本国内では2018年よりDelfin Japan(デルフィンジャパン)が総輸入代理店業務を開始しています。

R5とMRxを簡単に説明すると、SpotifyやAmazon Musicなどの音楽ストリーミングサービスをWiFiや有線LAN経由で直接再生できる製品。音声入力としてRCAや光デジタルを搭載するほか、BluetoothやUSB 2.0、インターネットラジオ、DLNAなどの再生も可能です。

R5

R5は、CDプレーヤーとしての機能を持ち、音楽ストリーミングサービスを再生できる製品です。

90W出力のHi-Fi Class A-B アナログアンプと75mmフルレンジドライバー2基を搭載。125mmアクティブサブウーファーとともに、さまざまな空間で素晴らしいサウンドを響き渡らせるといいます。

plus style ruarkaudio

▲R5のカラーは上から順にウォールナットとソフトグレイ

また、ruarkaudioの特徴的なコントローラ「ロトダイアル」のリモコンを用意。さらに、R5が再生できる音楽ソースは、CD-ROMも再生できるほか、BluetoothではaptX HDのコーデックに対応。最大48kHz / 24bitによる高音質な音声伝送が可能です。

サイズは、約520x300x142mm(幅x奥行きx高さ)、重量は約9.5kgです。

plus style ruarkaudio

▲R5の製品仕様

MRx

MRxは、20W出力のHi-Fi Class A-B アナログアンプと、75mmフルレンジドライバー2基を搭載。R5よりも小型でありながら、高いステレオ性能を発揮できるとのこと。また、精密なバスリフレックス型のスピーカーエンクロージャーにより、豊かな低音域を楽しめるとします。

plus style ruarkaudio

▲MRxのカラーは上から順にウォールナットとソフトグレイ

ruarkaudioの特徴的なコントローラ「ロトダイアル」は、スピーカーの前面に配置。シンプルで洗練されたデザイン性を強く主張するとともに、ロトダイアルに搭載した3色LEDで製品の動作状況を直感的に通知してくれます。なお、付属のブラケットにより縦置き・横置きが可能です。

サイズ(横置き時)は約300x180x180mm(幅x奥行きx高さ)、重量は約3.4kgです。

plus style ruarkaudio

▲MRxの製品仕様

Source:+Style


TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: speaker, DLNA, network, Amazon, ruarkaudio, Streaming, +Style, gadgets, audio, softbank, Amazon Music, gadgetry, home, internet, Spotify, Bluetooth, Wifi, plusstyle, news, gear
0シェア