筆談機「ポケトークmimi」発売 発話内容を画面に表示

eSIM搭載で2万9800円(税別)

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年09月4日, 午前 06:31 in communication
0シェア
FacebookTwitter
Pocketalk mini

AI(人工知能)翻訳機の「ポケトーク」を手がけるソースネクストは、AIボイス筆談機「ポケトークmimi」を発売しました。価格は2万9800円(税別)で、家電量販店などが取り扱います。

ポケトークmimiは、ボタンを押すと人が話した内容を瞬時に大きな文字で画面に表示する製品です。同社によると、ポケトークを難聴者や聴覚障がいのある人との会話に用いる人がいたことから、新たにポケトークmimiを開発したと言います。

従来のポケトークと同様に、AIによる音声認識エンジンを使用し、音声を文字に変換したり、文脈から正しいと思われる単語に置き換える、といったことを瞬時に行います。

Pocketalk mini

また、eSIMを内蔵しており、Wi-Fi環境がなくても使用できます。同社が通信料を負担するため、開通から2年間無料で利用可能。面倒な契約手続きも不要です。

サイズは約65x11x123mm(幅x厚みx高さ)、重量は約128gです。

(訂正:2020/9/4 18:50)初出時に製品名を誤って記載していました。訂正しお詫び申し上げます。


関連記事:約3万円の大型通訳機 POCKETALK S Plus 発表。eSIM内蔵でどこでも訳す


source:ソースネクスト


 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: communication, Pocketalk, esim, Voice, sourcenext, artificial intelligence, Voice Assistant, LTE, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents