ポケモンGO、6月・7月コミュニティ・デイはTwitter投票で決定。4種の候補発表

対戦のメタが動くか?

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年05月19日, 午前 10:34 in pokemon
0シェア
Pokemon GO

ポケモンGOが6月・7月の「コミュニティ・デイ」イベントについて発表しました。

5月24日に英語の公式Twitterで四種の候補から人気投票を実施し、上位の二匹が6月と7月のコミュニティ・デイで大量発生します。

候補のポケモンと、イベント期間内の進化で覚える特別なわざは、

  • ゼニガメ / はどうだん(かくとう)レジスチルなどはがねタイプに好相性

  • ビードル / ドリルライナー(じめん)

  • サンド / シャドークロー(ゴースト) アローラのすがたはレイドボス。シャドークローはアローラサンドにとって「こなゆき」よりチャージが早いノーマルアタックとして有用

  • ゴース / シャドーパンチ(ゴースト) シャドーパンチは小刻みに撃ってプレッシャーを与えシールドを使わせられるスペシャルアタック

ゼニガメは2018年のコミュニティ・デイで採り上げられたほか、ゴース / ゴースト / ゲンガーも レイドアワーなどでたびたび入手の機会がありましたが、GOバトルリーグが始まり対戦の楽しみかたが増えたいまはまた別のわざセットやCPレンジで育成する需要があります。

投票のしかた

今回のコミュニティ・デイ発生ポケモンの投票は、英語版 Pokémon GO公式Twitter (@PokemonGoApp) の投票機能を使います。

投票受付期間は、日本時間で5月24日(日)午前10時から、翌5月25日(月)午前10時までの24時間。得票数がもっとも多かったポケモンが6月、次に多かったポケモンが7月のコミュニティ・デイで出現します。

コミュニティ・デイの実施日時や時間、ボーナスなどそのほかの仕様は未発表。「後日改めて」告知予定です。

外出制限など従来どおりのプレイが難しい現状を考慮した、おこうの効果増強やGOバトルリーグの無償参加、タマゴの孵化距離半分、リモートレイドのダメージペナルティなしなど「スペシャルなボーナス」はさしあたって今月末までとされています。こちらも予定どおり終了するのか延長するのか、内容を再調整するのか、地域で変更するのか含め今後の発表待ちです。

今年の夏の大規模イベントについては、在宅でも楽しめる「全く新しい仕組み」を導入することを予告済み。

ポケモンGO、在宅でフレンドとレイド参戦可能に。ナイアンティックのジョン・ハンケCEOが新方針を発表

ポケモンGOはゲームの仕組みを使って物理的に人を動かすことをビジネスのコアとしているため、完全在宅プレイにシフトすることは難しいとは思われますが、現在の緊急対応で得た知見から良いものは今後も取り入れてほしいものです。

投票しよう!6月と7月の「コミュニティ・デイ」で登場してほしいポケモンは? - Pokémon GO


TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: pokemon, Pokemon Go, NIANTIC, PokemonGO, news, gaming
0シェア

Sponsored Contents