11月19日(金)発売予定のNintendo Switchの新作ソフト『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』の事前試遊会に参加してきました。数時間のプレイで筆者的に良いなと思った部分をご紹介していきます。

まず、『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』とは、2006年にニンテンドーDSで発売された『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』をNintendo Switch用にリメイクした作品です。

ディレクションは『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』のディレクターを務めたゲームフリークの増田順一氏が続投し、制作は株式会社イルカが担当します。

ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド(Amazon) ポケットモンスター シャイニングパール(Amazon)

1 ボールデコさいこう!

Engadget

ボールデコは、ポケモンバトルや「スーパーコンテストショー!」で、ポケモンがモンスターボールから飛び出すときのエフェクトをカスタマイズできるモードです。

90種類以上あるシールには燃え盛る炎やハートマーク、音が出る音符などがありそれらをカプセルにペタペタと貼ってカスタマイズします。

『ダイヤモンド・パール』では貼れるシールは8枚でしたが、今作は20枚のシールを貼ることができます。カスタマイズ時はこだわった位置にシールを貼れる3Dモードが新たに用意されています。『ダイヤモンド・パール』っぽい感じで貼れる2Dモードもあります。

Engadget
▲3Dモード
Engadget
▲2Dモード

なにより、ボールを投げたときの3Dエフェクトが良いのです。「このシールはどんなエフェクトなんだろう」「この組み合わせは、こういう列で配置するとかっこいいな」等と遊んでいました。楽しすぎて、試遊で貼れるシールは全部貼って試しました。よって、貴重な試遊時間の多くをボールデコに割いてしまいました。

単にボールを投げた際のエフェクトとして考えるのもそうですが、例えばルカリオにはこんなエフェクトが合うのでは?と作り始めるとまたこだわなければいけません。試遊ではなくじっさいのプレイであれば、シールの種類を増やしたり、貼りたいシールを集めたりする工程が加わるので、本気になると何時間も掛かりそうな「こだわり」要素でしょう。

2 シンオウの地下はロマン

Engadget

「『ダイヤモンド・パール』の思い出は?」と聞かれたら私は、「ちかつうろ」と答えます。「たんけんセット」を使うと行くことができるマップで、通常プレイしているシンオウ地方の地下にはこんな広い世界が広がっているのか〜と、当時プレイしていた時に感動しました。その「ちかつうろ」が『ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』では「地下大洞窟」としてパワーアップしているのです。

「地下大洞窟」では、様々なアイテムがゲットできる「カセキほり」や、部屋を自分好みできる「ひみつきち」をつくることができます。

新要素として「ポケモンの隠れ家」があります。ここは、地底湖や火山地帯といった異なる環境が存在し、集まるポケモンも違うようだ。中には、シンオウ地方に生息するポケモンで、ポケモンの隠れ家にだけ集まるポケモンがいるそうです。

Engadget
▲「ひみつきち」

Engadget
▲ピッケルとハンマーでコンコン掘る「カセキほり」

Engadget
▲「ポケモンの隠れ家」

「カセキほり」で入手できる「ポケモンの石像」を「ひみつきち」に置くことで「ポケモンの隠れ家」に現れるポケモンに変化が起こるそうです。色々な要素がうまく作用しているので、やり込み甲斐がありそうです。

Engadget
▲地上のマップにも地下の空気を入れ替えるための通気口があります。「通気口」があるから地下の世界の実在感が増すんだよな〜と、当時プレイしていた私は思ってました

3 やっぱりダイパは良い

上記の2項目ほどの熱量はないですが、プレイしていて楽しかった点をもう少しご紹介します。

・ポケモンと歩く

Engadget

本作では手持ちから1匹選んで一緒に歩くことができます。大きさや歩幅、話しかけたときのリアクションがそれぞれ違うので、歩いているだけで楽しいのです。

Engadget
▲「ふれあいひろば」では手持ちのポケモンと交流できます

・経験値

Engadget

戦闘で得れる経験値は、手持ちのポケモン全員が得ることができます。『ポケットモンスター ソード・シールド』などの最近のポケットモンスターでは当たり前な仕様ですが、予習の為に最近DSの『ダイヤモンド・パール』をやっていた筆者としては、この仕様のありがたさが身に染みました。

・もりのようかん

Engadget
▲ハクタイのもりを一緒に冒険するモミさん

『ダイヤモンド・パール』をプレイした方なら思い出深いであろう「ハクタイのもり」にある「もりのようかん」もしっかりありました。

と、つらつらと述べて来ましたが早く発売日になって、自分のソフトでストーリーを進めて「ボールデコ」と「地下大洞窟」をやり込みたい思いが募った試遊会でした。もともと買う気ではいましたが、「ボールデコ」をもっとやりたいと思い、帰り道にAmazonのカートに入れてました。

ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド(Amazon) ポケットモンスター シャイニングパール(Amazon)

©2021 Pokémon. ©1995-2021 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.Developed by ILCA,Inc.