Engadget

株式会社ポケモンは、全国で初めてのポケモンをモチーフにした公園遊具を採用した「ラッキー公園」を12月に福島県にてオープンすることを発表しました。

開園の経緯としては、株式会社ポケモンと福島県は 2019年2月に「観光振興」「県産品の消費拡大」「東日本大震災等からの復興」についての連携協定を締結しています。 ゲーム『ポケットモンスター』に登場するポケモン「ラッキー」が「ふくしま応援ポケモン」に任命されています。

その取り組みの一環として、今回株式会社ポケモンが福島県内4市町村(郡山市・浪江町・柳津町・昭和村)にラッキーをメインにデザインされた公園遊具を寄贈しました。 寄贈後、 遊具は各市町村に設置され 「ラッキー公園」が開園します。

郡山市・浪江町・柳津町へは、 特大ラッキー複合遊具を含む遊具6点と周辺設備を寄贈、昭和村へはラッキー複合遊具1点と周辺設備を寄贈します。まず、2021年12月に浪江町の「道の駅なみえ」に第1園目を開園し、2022年春以降に2園目以降を開園予定です。

Engadget

10月14日には福島県庁にて「ラッキー公園寄贈式」を実施され、 福島県知事、 寄贈先4市町村長が参加しました

Engadget

「ふくしま応援ポケモン」のラッキーについて

ラッキーは幸せ(福)を運ぶと言われているポケモンで、 福島県の福を連想させます。 また、 お腹のタマゴは、 美味しく栄養がたっぷり。 同じく、 美味しく栄養がたっぷりな農産物を通じて県内外へ幸せを運ぶ福島県の応援ポケモンにぴったりということで、 選ばれました。

株式会社ポケモンでは、 2018年4月以降、 地域ごとに「推しポケモン」を選定し、 各地の魅力と一匹一匹のポケモンの魅力を国内外に同時に発信する「ポケモンローカルActs」という取り組みを実施しています。記事執筆時点では、 香川県・北海道・鳥取県・福島県・岩手県・宮城県などと協力してさまざまな取り組みを実施しています。

関連リンク:ポケモンローカルActs

(C)2021 Pokémon. (C)1995-2021 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.