Pokemon GO
Pokemon GO

ポケモンGOが図鑑の新機能テストを開始しました。図鑑に「とくしゅ」「色違い」といった分類が加わり、過去に捕まえたポケモンを一覧したり、コンプリートまでの進捗を確認できます。

イベント限定の衣装ポケモンなど、従来は図鑑に載らなかった特殊なポケモンも記録を残すことができ、心置きなく博士に送ってボックスの整理が可能に。

一方で「色違い図鑑」や「キラ図鑑」「評価100%図鑑」のように、分類ごとに収集の状況を確認して、自分なりの目標にするといった使い方も可能です。

Pokemon GO
Pokemon GO

ポケモン図鑑の新機能はつい先日、正式提供前のテストとして、一部のトレーナーにのみ先行提供予定と告知されていました。

ポケモンGO、図鑑の改善やリアルタイムの空再現を一部プレーヤー限定でテスト

テストに当たったトレーナーの図鑑に現れたのは、従来の「すべて」「メガ」に加えて、「とくしゅ」「いろちがい」「キラ」「シャドウ」「ライト」「3つ星」などの分類。

Pokemon GO
Pokemon GO

たとえば「とくしゅ」には、かつてイベント限定で出現した帽子ピカチュウなど衣装ポケモンが並びます。

現在もポケモンボックスの検索で絞り込むことはできますが、テスト中の新図鑑ではかつて捕獲して現在は手放したポケモンも記録に残っています。

衣装ポケモンはこれまで、別のポケモンではなくあくまで同じ種のバリエーション扱いだったため図鑑に残らず、色違いやリージョンフォームのように切り替えて表示もありませんでした。

たとえば外見も性能も大きく違うアーマードミュウツーも、従来は図鑑に残らず表示切り替えもできない衣装違い扱い。

捕獲した事実を残したいならポケモンボックスに並べておくしかありませんでしたが、とくしゅ図鑑へのエントリーとして残れば良いなら、新機能アップデート後は図鑑を埋めたらすぐ博士に送ったり交換して整理できます。

Pokemon GO
Pokemon GO

こちらは「いろちがい」分類の表示。通常の図鑑やメガシンカ図鑑のように、手に入れたエントリーは埋まり、観たことがないものは図鑑番号の枠になります。「3つ星」など能力による分類、キラやシャドウなども同様。

この分類はいくつかのパターンをテスト中のようで、受け取ったトレーナーにより違う種類が報告されています。

なかにはポケモンの評価でパーフェクト(能力値評価が攻防スタミナともに15の、いわゆる100%個体)という恐ろしい分類も。

わたしは色違いポケモンをコンプリートするんだ、100%個体を全部集めるんだという覚悟のトレーナーにとっては進捗を確認しやすい嬉しい機能であると同時に、来ればラッキー程度でそこまで気にしていなかったトレーナーでも、埋めるべき空欄があるとつい埋めたくなり修羅の道に踏み入れてしまうかもしれません。

ポケモン図鑑の新しい分類は、テストを経てこの夏の終りにも全プレーヤーに提供される予定です。