Pokemon GO Fest 2021
Pokemon GO

 ポケモンGOが夏イベントGO Fest 2021の追加情報を発表しました。

チケットなしでも出会える特別なポケモンや、普段は1日1回限りの特別な交換が最大6回 x 3日間に拡大、イベント中に達成すれば最長で8月末まで続く特別なボーナス「ウルトラアンロック」など、GO Festへの期待が高まる内容です。

Pokemon GO Fest 2021概要

夏の大型イベント Pokemon GO Fest 2021についてはすでに、昨年に続きどこにいても楽しめるバーチャルイベントになること(国によっては一応リアル会場もあり)、チケットが昨年の三分の一以下の610円、テーマは音楽祭で「アイドルピカチュウ」「ハードロックピカチュウ」がポケモンGOに初登場、初日の土曜は時間ごとに生息地が切り替わる「ポケモンゲット」、二日目の日曜は過去全ての伝説レイドボスが再出現する「レイド・デー」といった内容が伝えられてきました。

ポケモンGO Fest 2021詳細発表、チケット610円に大幅値下げ。アイドルピカチュウ出演の音楽祭がテーマ

ポケモンGO Fest、二日目は全ての伝説レイドボスが再登場。チケットなしでも参戦可能

新たに発表された内容は、

チケットなしでも楽しめる内容

  • 初日の7月17日(金)から週明け19日(月)15時まで、特別な交換の上限が通常の1日1回から1日6回に増加。

  • 土日のイベント開催中、メロエッタ風の帽子を被ったピカチュウが野生で出現

  • 土曜のイベント開催中、以下のポケモンがレイドに登場。
    1つ星レイド: モノズ、メロエッタ帽子のガラルジグザグマ、メロエッタ帽子のガラルポニータ
    3つ星レイド: カポエラー、ズガイドス、ガラルマタドガス

  • 土日のイベント開催中、フライゴンへの進化で「だいちのちから」習得

  • 土日のイベント開催中、サーナイトへの進化で「シンクロノイズ」習得

  • 土曜早朝より、アバターアイテム「ポケモンGO Fest 2021トレーナー」を無料配布。アバターとお揃いのリアル衣服はポケモンセンター店頭およびオンラインで3564円。

  • 土曜早朝より、音楽がテーマの新作アバターアイテム販売。ドゴームやバクオングのシャツ、新しいアクセサリのフェイステッカー、ギターケースバックパック等

チケット購入者のみの内容

  • アイドルピカチュウは「ドレインキッス」、ハードロックピカチュウは「コメットパンチ」を習得済み。どちらに出会えるかは、スペシャルリサーチ内で選択する仕組み。

  • アイドルピカチュウを選択した場合はスター風のアバターポーズ、ハードロックピカチュウを選択した場合はロックンロール風ポーズを入手可能

  • メロエッタ帽子のフライゴンは「だいちのちから」、メロエッタ帽子のサーナイトは「シンクロノイズ」習得済み。スペシャルリサーチでどちらが出現するか選択。

  • スペシャルリサーチで限定のメロエッタTシャツ

ウルトラアンロック(チケット購入者のみ)

全世界のトレーナーが協力して目標に挑み、達成すると大きなボーナスがアンロックされる「グローバルチャレンジアリーナ」は今年も開催。

今回は達成したチャレンジの数によって、続くボーナスの期間と内容が変化する仕組みです。

  • ウルトラアンロックパート1:時間 (計8個達成、日本時間7月23日10時〜8月3日20時)
    公式の説明は「時間の流れにねじれが発生し、様々な時代にちなんだポケモンがいつもより多く出現します!」

  • ウルトラアンロックパート2:空間 (計16個達成、8月6日10時〜8月17日20時)

    「まるで空間そのものが歪んでしまったかのように、通常その地域に出現しないポケモンがあちこちに出現します!」

  • ウルトラアンロックパート3:??? (計24個達成、8月20日10時〜8月31日20時)

    「時間と空間が修復されたら、その先には一体何が待ち受けているのでしょうか?」

達成条件と期間、テーマが分かっても具体性がまるでなく、詳細は今後改めての発表待ちです。しかしポケモン的には「じかんポケモン」ディアルガ、「くうかんポケモン」パルキアという、そのものズバリな伝説のポケモンがいます。

パート1・パート2とも複数のポケモンが登場するはずですが、目玉としてこの二匹が関係することは考えられそうです。しかしイベント二日目のレイド・デーではどちらも出現するため、単なる再出現では特別感が薄いのも確か。となると、どちらもまだ解禁されていない色違いが目玉ボーナスになる可能性はあります。

パート3の「???」については、もし仮にパート1・パート2がディアルガ・パルキアだった場合、関係性としてはこの世の裏側、「やぶれたせかい」に追放された「はんこつポケモン」ギラティナの場合と、ディアルガ・パルキアを生み出したシンオウ神話の創造主、「そうぞうポケモン」アルセウスの場合が考えられます。

ポケモンGOではすでにシンオウ地方より新しいイッシュ地方・カロス地方のポケモンが多数登場しているなかで、アルセウスは特別な大物だけに、なかなか出さないまま勿体をつけている状況。

一方でアルセウスは、年明けにはポケモンの新しいアクションRPGで看板を務める予定もあります。今度こそポケモンGOに出現してくれるかもしれません。2028年くらいまで引っ張られるかもしれませんが。

ポケモン完全新作『Pokémon LEGENDS アルセウス』発売日決定、パッケージ初公開

『Pokémon LEGENDS アルセウス』
Pokemon

そのほか公式発表を待つ間の願望としては、パート1については「様々な時代に因んだポケモン」、つまり古代から蘇った系は期待できるかもしれません。未登場を含む化石ポケモンや、「こせいだいポケモン」ことゲノセクトの別カセットなど。

パート2については、「通常その地域に出現しないポケモン」を素直に解釈すれば、世界を旅行しないと出会えない地域限定になります。大型イベントで地域限定が解禁される例はこれまでもあったものの、比較的古い世代に限られてきました。

すでに国内で登場したことがある地域限定だけでも種類があるため楽観はできませんが、国内初出現のポケモンがとうとう図鑑を埋めてくれるかもしれません。

任天堂モンスターボールPlus (Amazon)

「Pokémon GO Fest 2021」の追加情報と「ウルトラアンロック」について - Pokémon GO