Pokemon
Pokemon

ポケモンGOが、予告済みだったポケモンHOMEとの連携を年内に開始します。

ポケモンHOMEはニンテンドースイッチのポケモン本編や3DS世代のサービスPokémon Bank からポケモンを連れ出し、預けられるサービス。

ポケモンGOへの対応は当初より予告されていたものの、長らく「今後連携予定」のままでした。

今年末に開始予定のポケモンHOME連携を記念して、ポケモンGOでは「ふしぎなはこ」を開きメルタンが手に入るイベントも実施します。

Pokemon
Pokemon

本編『ポケットモンスター』ゲームは20年近く昔のゲームボーイアドバンス時代から、育てたポケモンを新作に転送して一緒に新たな冒険に挑むことができました。

ポケモンHOMEはこの転送・預かりサービスの最新版。ネット上のサービスに預け、スマートフォンアプリまたはニンテンドースイッチからアクセスできます。

過去作の場合は転送ユーティリティや預かりサービスの側面が強かったのに対して、ポケモンHOMEはマイルームや「ふしぎなおくりもの」、交換やジャッジ機能などできることが増え、お気に入りのポケモンとゲーム本編を離れても触れあえるコンセプトになっています。

ポケモンHOMEは2月開始、有料プラン年1960円。GTS復活、ポケモンGO対応など詳細公開

Pokemon
Pokemon

ポケモンGOからポケモンHOMEへの転送は年内開始が発表されたものの、具体的な手順や条件等については未公表。

ポケモンGOではこの連携を記念して、ポケモンHOMEへの転送でアイテム「ふしぎなはこ」を開け、幻のポケモン「メルタン」を召喚できるイベントを開催予定です。低確率で色違いのメルタンも捕獲可能。こちらも開催日時はまだ分かりません。

一方ポケモンHOME側では、ポケモンGOからの転送で特別な「メルメタル」(メルタンの進化形)が「ふしぎなおくりもの」としてプレゼントされます。

この個体はスイッチ版最新作『ポケモン ソード・シールド』で「キョダイマックス」してマックスレイドバトルなどに投入できます。

「ポケモンホーム」を使って過去作ポケモンを最新作「ポケモン剣盾」に転送する方法