Pokemon GO

ポケモンGO「ヘリテージ シーズン」最初のイベント、ウリムーの「おこうの日」は2021年12月5日11時から始まります。

17時までのイベント中は、おこうを使うことでウリムーが通常より多く出現。加えてニューラやバニプッチ、ダルマッカ(ガラルのすがた)など「こおり」タイプ、またはイワーク、ヨーギラスなど「じめん」タイプが1時間ごとに入れ替わりで引き寄せられます。

ウリムーの進化形マンムーがコミュニティ・デイの限定わざだった「げんしのちから」を特別に習得できるほか、ショップでは1ポケコインでおこう2つ入りのボックスも入手可能です。

ポケモンGO「おこうの日」イベント概要(2021年12月)

日時

  • 2021年12月5日(日)11時〜17時

内容

  • おこうを使うとウリムーが通常より多く出現。1時間ごとの入れ替えで、特定の「こおり」タイプまたは「じめん」タイプのポケモンも通常より多く出現。

  • 11時から12時は「こおり」タイプ、12時から13時は「じめん」タイプ。以降1時間ごとに繰り返し

  • 「こおり」タイプ:パウワウ、ルージュラ、ニューラ、ユキワラシ、ユキカブリ、バニプッチ、低確率でガラルダルマッカ

  • 「じめん」タイプ:イワーク、カラカラ、サイホーン、ウパー、ゴマゾウ、ドジョッチ、低確率でヨーギラス

  • マンムーへの進化で、限定わざ「げんしのちから」習得

  • ショップに1コインでおこう2個入りボックス

  • イベント限定フィールドリサーチ。(「こおり」または「じめん」タイプ5匹捕獲でウリムー、きのみ、ボール、ほしのすな)

ウリムーは2019年のコミュニティ・デイでも大量発生しています。色違いも追加済。

イノムーを経た進化形のマンムーは攻撃力に優れ、特に「こおり」タイプのアタッカーとしてジムやレイドの対ドラゴン戦などに大活躍します。

げんしのちからは「いわ」タイプのスペシャルアタック。トレーナーバトルでは確率でこうげき・ぼうぎょが上昇します。ジム・レイドバトルでの役割は「こおり」アタッカーなので、対人戦で選択肢を増やすわざの位置づけ。

マンムーのタイプ(こおり・じめん)とは不一致で ボーナスも発生しないため、ジム・レイド戦のアタッカーとして使う場合は不要です。

「こおり」タイプではニューラ(マニューラ)、ガラル ダルマッカも強力なポケモン。12月1日からはメガレイドでメガハガネールが出現しているため、「じめん」タイプの時間にメガシンカ候補の優秀なイワークを確保するのも手です。

Pokemon GO

今シーズンの特徴である月替りのタイムチャレンジは、12月末まで「ほしのすな」獲得量で全15段階を進めてゆく「ほしのすなチャレンジ」が実施中。

イベント限定フィールドリサーチは「こおり」「じめん」ポケモンを捕獲すれば勝手に達成になる系で、すなも手に入るため、「ほしのすなチャレンジ」をまめに進めておく機会でもあります。

ポケモンGO「ヘリテージ シーズン」開幕。疑似シーズンパスを導入