Pokemon GO
Pokemon GO

ポケモンGO史上最大のアップデート「GO BEYOND」にあわせて、人気のゲッコウガやニャスパーなど、カロス地方の新規ポケモンが一気に加わりました。

同時に始まったイベント「カロスセレブレーション」では、カロス地方のポケモンが野生やレイド、タマゴで増えるほか、限定のフィールドリサーチやタイムチャンレジも実施。リワードでカロス地方のポケモン出現や、メガカントー御三家のメガエナジーが手に入ります。

追記: 12月2日12時時点で、バグ対策のためルアーモジュールはカロス地方のポケモンを引き寄せなくなっています。ルアーで寄せた未獲得のポケモンをタップするとフリーズする不具合の一時的な対処とのこと。

Pokemon GO
Pokemon GO

カロス地方は2013年のニンテンドー3DS版『ポケットモンスター X・Y』の舞台。ポケモンGOでは前後して導入された「メガシンカ」も、本編ではカロス地方で発生する現象でした。

比較的新しいシリーズなので、発見されたポケモンもピカチュウやイーブイ、リザードンといった古くからの重鎮には一般知名度が及ばないものの、公式の総選挙で二連覇を成し遂げたゲッコウガをはじめ人気のポケモンも多数含まれます。

ポケモンGOに新たに加わったポケモンの一覧はこちら。カッコ内は進化形。

  • ハリマロン (ハリボーグ、ブリガロン)

  • フォッコ(テールナー、マフォクシー)

  • ケロマツ (ゲコガシラ、ゲッコウガ)

  • ホルビー(ホルード)

  • ヤヤコマ (ヒノヤコマ、ファイアロー)

  • シシコ (カエンジシ)

  • オンバット (オンバーン)

  • ニャスパー (ニャオニクス)

  • クレッフィ ※フランス限定

またカロス地方のポケモンではないものの、季節の変化にともない「きせつポケモン」のシキジカも冬のすがたになっています。

Pokemon GO
Pokemon GO

ポケモンGO カロスセレブレーション イベント概要 (2020年12月)

日時

・2020年12月2日10時~12月8日22時

内容

  • 野生でハリマロン・フォッコ・ケロマツ・ホルビー・ヤヤコマ・シシコ・オンバットが多く出現。クレッフィがフランスでのみ野生出現。

  • 以下のポケモンがタマゴから孵化

    ・2km ホルビー・ヤヤコマ・シシコ
    ・5km ハリマロン・フォット・ケロマツ
    ・10km ニャスパー・オンバット

  • 一つ星レイドにシシコ・ニャスパー

  • 限定フィールドリサーチとタイムチャレンジ。リワードでホルビー・ヤヤコマ出現、メガフシギバナ・メガリザードン・メガカメックスのメガエナジー

今回加わったカロス地方の新規ポケモンは、一週間のイベント後も野生やタマゴで出現します。いずれ集まると考えれば慌てて確保する必要はありません。

一方、ポケモンGOでは初登場イベントを逃すとなかなか現れなくなったり、コミュニティ・デイや別イベントを年単位で待つこともあるため、進化や強化のアメ稼ぎや優良個体選びも考えるなら、一週間のうちにできるだけ集めておいたほうが無難です。

Pokemon GO
Pokemon GO

「今日のまとめ」部分に表示されるイベント限定のタイムチャレンジでは、カントー地方の初期選択ポケモン3匹、いわゆる御三家のメガエナジーが入手可能。

ポケモンGO、12月2日でメガレイドボス4種が退場。メガエナジー集めを忘れずに

メガエナジーはメガレイドボスを倒す以外の入手方法が少なく、現在はメガカメックス・メガフシギバナのメガレイドは実施されていないため、希少な入手機会です。

ポケモンGO過去最大のアプデGO Beyond発表。カロス追加・レベル上限解放・シーズン制導入など更新多数

ポケモンGOがレベル40上限解放、最大50へ。レベル41に必要なタスク達成ガイド