Pokemon GO
Pokemon GO

ポケモンGOが、本来は5月9日(日)に予定していた「マリルの限定リサーチ」をフライングで開始しました。

運営元のナイアンティックはこれを「誤って表示される不具合」として、日曜に改めて配布する予定です。

マリルの限定リサーチは全20段階。本来は9日の日曜8時から22時まで、「限定リサーチ」(リサーチデイ)イベントにあわせて開始予定でした。

内容は以前のゲンガー限定リサーチ等と同じく、比較的容易な「2~3匹送る」「きのみを使う」、難しくても「カーブボールを2回連続」や「フェアリータイプを一匹進化」など。

Pokemon GO
Pokemon GO

10段階 x 二周繰り返しの全20段階まで用意されていますが、タスクのリワードはひたすらマリル出現。

各段階をクリアしてもやはりマリル出現かマリルのアメ、多少のすなやボールやきのみ程度で、特に珍しいポケモンや色違いマリル確定などはありません。

サポートによれば本来の時間に「再度配布」とされていることから、すでに気づいて進めていた場合、あるいはクリアしていた場合でも、さらに20段階までまた挑戦できるはずです。

フライング配布分を途中まで進めていた場合、進行は途中の段階でリセットされて「今日のまとめ」からも消えます。

リサーチデイ本番では限定リサーチのほか、ポケストップから限定フィールドリサーチもドロップする予定。過去のリサーチデイでは色違いの出現確率が向上していたため、揃えたいなら期間中に改めて挑戦する価値があります。

マリル自体の取り柄はかわいい程度ですが、進化させたマリルリは対人戦GOバトルリーグのスーパーリーグ(CP上限1500)で最強と目される環境ポケモン。

対人戦ではあるポケモンが強ければ皆が使い、皆が対策することで環境が変わってゆくため、出せば勝てるものではありませんが、マリルリは高い耐久性や使えるわざタイプの豊富さから、出てくることを前提として組むポケモン、安定して使えるポケモンとして君臨しています。