Pokemon
Pokemon

地域によっては新型コロナウイルスのワクチン接種が進むなか、ポケモンGOがパンデミック後の仕様変更・特別ボーナス廃止について告知しました。

昨年から今年にかけて適用してきた、外出しなくても遊びやすくする方向の特別なボーナスについて、国ごと地域ごとの状況に応じて一部を廃止・変更する一方、外出を促すボーナスを新設する内容です。

ポケモンGO公式が告知したのは、

・外出や探索、対面でのプレイを促す新しいボーナス

・昨年導入した特別ボーナスのうち廃止・変更するもの

・昨年導入した特別ボーナスのうち継続するもの

の3点。いずれも一律に実施ではなく、地域ごとの状況に応じて段階的に導入するものとされています。対策が進まない地域、再拡大に見舞われた地域であっても、世界の他の地域から取り残されて不利を被ることを避ける配慮です。

まずは米国およびニュージーランドにおいて、7月の大型イベント GO Fest 2021後から試験的に変更を実施します。

新しい探索ボーナス

  • ジムから1日最大2枚の無料レイドパス

  • 移動中のおこう効果向上

  • ポケストップから確定ギフト

  • 初めて回すポケストップはXP10倍ボーナス

変更・廃止予定の特別ボーナス

  • おこうの効果ボーナスを変更。昨年からの特別ボーナスでは静止していても従来より多くのポケモンを呼び寄せていたのに対して、変更後は移動中のみ追加効果に変更。自宅などで止まったままではおこう効果が現在より下がる。

  • 相棒が持ってくるギフト(アイテム)。現在の特別ボーナスでは一日最大3回、一度に最大5つのところ、変更後は減少。

  • ジム・ポケストップにアクセスできる距離。昨年の特別ボーナス以前の距離へと縮小。ただし、将来的なイベント等でまた拡大の可能性もある。

継続予定の特別ボーナス

  • おこうの持続時間は60分のまま

  • GOバトルリーグ対戦に必要な歩行距離ゼロ

  • QRコードで距離にかかわらず対戦。 仲良し度「友達」から対戦可能

  • 同時に保持できるギフト上限が20

  • 一日に開封できるギフト上限が30

  • その日最初のポケストップまたは捕獲でほしのすなとXP 3倍

ポケモンGO公式では、いずれも変更の可能性があり地域ごとの状況に応じた導入となることを強調しています。7月末に導入予定の米国およびニュージーランドでも恒常ではなく、現在のシーズンが終わる9月1日までの期間限定。以降は変更または廃止の可能性があります。

ポケモンGO、ジムのアクセス範囲を倍に拡大。レイドで密集軽減、アイテムも取得可(2020年4月)

ポケモンGO、ポケストップも遠距離アクセス可能に。相棒がギフト発見もスタート(2020年4月)

Exploration Bonus Updates Coming to Pokémon GO - Pokémon GO